1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

スイーツ専用醤油 11月1日販売開始 洋風スイーツ「バニラ醤油」&和風スイーツ「みたらし醤油」 創業102年二反田醤油店が今までにない新感覚の醤油を開発!

@Press / 2021年10月28日 9時30分

タイトル画像
有限会社二反田醤油店中津工場(大分県中津市)は、新たに今までにない新分野、スイーツ専用醤油「バニラ醤油」「みたらし醤油」を開発し、2021年11月1日より販売を開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/282432/LL_img_282432_1.jpg
タイトル画像

【醤油風味の「塩スイーツ」が簡単にできる♪】

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/282432/LL_img_282432_2.jpg
単品2種

★「バニラ醤油」はそのまま舐めると塩キャラメルのような味わいで、普段のスイーツが塩バニラの洋風に変身します。
★「みたらし醤油」はその名の通り昔からの和風スイーツ みたらし風味で、洋菓子もちょっと和風になり新しい美味しさを味わえます。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/282432/LL_img_282432_3.jpg
とろみ

はちみつのようにトロ~リとした粘度で、ケーキやアイスクリームのトッピングや、豆乳、あまざけに混ぜてご使用いただけます。


【こだわりの原料素材】
原料にこだわり、
・大分県産大豆、大分県産小麦
・ミネラル豊富な自然塩を使用した「三年完熟醤油」
・「三温糖」
・「波照間島黒糖」
・「濃厚熟成本みりん」
を使用しています。


【スイーツにトッピング いつもの味がおいしい「塩スイーツ」に変身!】
幅広くさまざまなスイーツに使用できます。トッピングするだけでいつものスイーツが「塩スイーツ」にかわるおいしい瞬間をお楽しみいただけます。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/282432/LL_img_282432_4.jpg
使用例-1
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/282432/LL_img_282432_5.jpg
使用例-2
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/282432/LL_img_282432_6.jpg
使用例-3
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/282432/LL_img_282432_7.jpg
使用例-4
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/282432/LL_img_282432_8.jpg
使用例-5
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/282432/LL_img_282432_9.jpg
使用例-6
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/282432/LL_img_282432_10.jpg
使用例-6

【誕生のきっかけは「醤(ひしお)スイーツ」】
二反田醤油店は醤油の新しい可能性を求めて「醤油屋の醤スイーツ」4種(プリン、パウンドケーキ、みたらしだんご、丸ボーロ)を近郊のお菓子屋さんとコラボして開発しました。現在弊社直売店とECサイトのみで販売しています。
https://www.nitanda.com/sweets/

画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/282432/LL_img_282432_11.jpg
醤スイーツ

これらのスイーツは原料に二反田醤油店の三年完熟醤油が使われています。「日本の調味料としての醤油、その可能性をもっともっと広げたい」との思いから、スイーツ専用「バニラ醤油」と「みたらし醤油」をつくりました。


【商品仕様】
★脂質0 ★塩分1.9% ★使用原料は植物性のみ

●バニラ醤油の詳細
名称 :醤油加工品
原材料名:糖類(砂糖、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、水飴)(国内製造)、
醤油、みりん/加工澱粉、香料(一部に小麦・大豆を含む)
内容量 :280g
賞味期限:製造日から1年
保存方法:直射日光を避け常温で保存
栄養成分表示(100mlあたり):エネルギー 223kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0g
炭水化物 57g
食塩相当量 1.9g

●みたらし醤油の詳細
名称 :醤油加工品
原材料名:糖類(砂糖、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、水飴)(国内製造)、
醤油、みりん/加工澱粉(一部に小麦・大豆を含む)
内容量 :280g
賞味期限:製造日から1年
保存方法:直射日光を避け常温で保存
栄養成分表示(100mlあたり):エネルギー 223kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0g
炭水化物 57g
食塩相当量 1.9g


【新鮮長持ち密封ボトルを採用】

画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/282432/LL_img_282432_12.jpg
新鮮密封ボトル

【蔵工房・二反田醤油店のご紹介】

画像13: https://www.atpress.ne.jp/releases/282432/LL_img_282432_13.jpg
有限会社二反田醤油店中津工場-1

<創業から変わらない『天然醸造』を貫く醤油づくり>

画像14: https://www.atpress.ne.jp/releases/282432/LL_img_282432_14.jpg
有限会社二反田醤油店中津工場-2
画像15: https://www.atpress.ne.jp/releases/282432/LL_img_282432_15.jpg
有限会社二反田醤油店中津工場-3

材料となる大豆や小麦などの厳選した素材から麹をつくり、発酵させて寝かせてから商品として出荷されるまで、最低でも2年をかけてつくられるこだわりの醤油。毎年春と秋に仕込み、週に一度の撹拌(かくはん)を繰り返しながら、季節に応じた管理方法を徹底。発酵と熟成を繰り返してできあがる醤油の原料となる“もろみ”は、よりおいしさが増します。特に気温が上がる夏を2回過ごさないともろみの発酵が完了せず、十分なうまみが引き出せません。徹底した管理体制と代々伝わる熟練の職人技により、昔から変わらない味をつくり続けています。

『Classic』シリーズは、創業から変わらないおいしさで人気のこいくち醤油『ほまれ』、甘さが特徴の『さつき』、濃厚甘口の『さしみ醤油』など全6種類をラインナップ。

また、大分県産丸大豆と小麦に限定してつくる『三年完熟醤油』は、その商品名のとおり、通常2年でできあがる醤油を3年かけてつくるこだわりの一品です。

画像16: https://www.atpress.ne.jp/releases/282432/LL_img_282432_16.jpg
醤油

「若い人にも気軽に手にとってもらえるような、うちでしか作れない特徴のある商品を」という思いから開発をはじめたのが、豊富なラインナップを誇る醤油加工品です。

画像17: https://www.atpress.ne.jp/releases/282432/LL_img_282432_17.jpg
加工品

【一般消費者にこそ届く商品づくりを】
昔は当たり前だった一般家庭への配達。二反田醤油店では今も変わらずにおこなっています。全盛期に比べると利用客はずいぶん減りましたが、それでも続けているのには『お客さまとのつながりを大切にしたい』という思いがあるからです。

画像18: https://www.atpress.ne.jp/releases/282432/LL_img_282432_18.jpg
近郊農家への配達

現経営者は、三代目 二反田 新一(62歳)、四代目 二反田 圭祐(33歳)です。親子で励んでます。

画像19: https://www.atpress.ne.jp/releases/282432/LL_img_282432_19.jpg
経営者写真

■会社概要
会社名 : 有限会社二反田醤油店中津工場
責任者 : 代表取締役社長 二反田 新一
所在地 : 〒871-0027 大分県中津市上宮955-1
HPアドレス: https://nitanda.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

単品2種 とろみ 使用例-1

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング