IIMが日本で圧倒的なシェアを誇るES/1 NEOを欧米に輸出開始

@Press / 2012年6月27日 14時30分

コンピュータのキャパシティ管理ソフトウェアの開発、販売を行う、株式会社 アイ・アイ・エム(本社:東京都文京区、代表取締役社長:河野 知行、資本金:8千万円、サイト: http://www.iim.co.jp/ 、略称 IIM)は、IIMの業務提携先である英国Metron Technology Ltd社および米国Metron-Athene, Inc.社(以下、Metron)を通じて、IBM製メインフレーム用パフォーマンス管理ソフトウェア「ES/1 NEO MFシリーズ」の販売を欧米で開始します。


IIMの代表取締役社長である河野 知行は、「日本のパッケージソフトウェアが欧米に輸出され使われているという実績が殆どない状況で、日本発の世界におけるデファクトスタンダードを目指したいという強い思いを持っています」とのコメントを出しています。

「ES/1 NEO MFシリーズ」は、メインフレームのキャパシティ管理を専用に行うために、IIMが23年前に開発したパッケージソフトです。日本ではIBM、富士通、日立製作所、日本電気の各社メインフレームに対応しており、金融、生保、通信、製造などあらゆる業界の大企業を中心に2,800台のメインフレームで使用実績があります。

「ES/1 NEO MFシリーズ」の最大の特長は、メインフレームの稼働状況をバッチプログラムで自動分析を行い、その結果を日本語で表示するという点です。さらにそれぞれの性能問題について、これまでのコンピュータのコンサルティング経験に基づいた対処方法も合わせて提示します。それ以外にも、キャパシティ管理を行うための性能情報の蓄積・管理や、各種レポート作成機能、Webによる情報閲覧機能など、メインフレームのキャパシティ管理を総合的に行うことができるパッケージソフトとなっております。

ES/1 NEOをご使用中のお客様から、海外にある本社やグループ企業でもES/1 NEOを用いたキャパシティ管理を行いたいとのご要望を以前よりいただいておりました。そこで、欧米におけるキャパシティ管理ソフトウェアの流通状況や利用状況を綿密に調査しました。その結果、コンピュータの稼働状況をレポーティングするソフトウェアは複数あるものの、性能問題を自動分析して結果を表示する評価機能を持ち合わせているソフトウェアは皆無でした。

このような状況を踏まえた上で、製品およびマニュアル類の英語対応を行い、分析結果も英語で出力できるように機能強化を行うことで、海外にあるIBM製のメインフレームでもES/1 NEOをご利用いただけることになりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング