スマートフォンサイト全機種対応ライブラリ「x-fit」、Windows PhoneとBlackBerryに対応しバージョンアップ~6月28日より無償クラウド評価環境の申し込み開始~

@Press / 2012年6月28日 16時0分

x-fit製品ロゴ
株式会社KSK(本社:東京都稲城市、代表取締役社長:河村 具美、JASDAQ:9687)のフレックス・ファーム ビジネスユニット(以下 フレックス・ファーム)は、インタラクティブなスマートフォンサイトの品質確保を実現する全機種対応ライブラリ「x-fit(クロスフィット)」をバージョンアップし、対応機種の拡充やタッチUI部品の追加を行いました。幅広い分野のスマートフォンサイト構築に適用できるようにした『x-fit Version 1.1』として、6月28日より出荷を開始いたします。また同時に、無償の評価環境のお申し込みを開始いたします。

URL: https://www.x-fit.jp/


■バージョンアップの背景

スマートフォン最適化サイトに欠かせないインタラクティブなタッチUIの品質確保と簡単実装を実現する「x-fit」は、多くのWeb構築関係者の声を取り入れてきました。その中には、すべてのスマートフォンOSに対応して機種対応を確実にして欲しい、タッチUI部品のバリエーションを増やして欲しい、などの要望がありました。

今回のバージョンアップでは、機種対応にこだわるスマートフォン最適化サイトに導入いただけるように、これまでのiOSとAndroidだけでなく、Windows PhoneとBlackBerryのOS搭載機種にも対応しました。また、5種のタッチUI部品を追加して計15種としました。ほかにも数多くの機能追加や機能改善を行って利便性の向上を図りました。


■バージョンアップによる主な恩恵

Windows PhoneとBlackBerryの機種に対応したことで、対応機種数がこれまでの「147」から「154」になる(2012年6月28日想定)だけでなく、スマートフォンへの機種対応に関して「全スマートフォン対応」と言える網羅性を確保できます。

また、サイトに適用する「x-fit」のタッチUI部品を増やすことで、サイトの表現力が向上するだけでなく、オリジナル実装から「x-fit」部品へ移行できるタッチUIが増えるために信頼性の高いサイト運用が期待できます。

さらに、タッチUI部品を実装するコーディング担当者向けの支援ツールを刷新し、「Training Editor for x-fit Version 1.1」として大幅に機能拡張しました。この他にも、スマートフォンサイト構築から運用にいたるまで、きめ細やかな改善を行ったことでより高レベルの最適運用が実現できます。


■バージョンアップによる強化ポイント

1.対応機種の拡充
Windows Phone、BlackBerryを対応機種に加えました。
また、iOSのバージョン毎設定やAndroidエミュレータの識別などと合わせ、「x-fit」が最適化できるスマートデバイスの範囲が広がります。

2.タッチUI部品の追加
狭い画面を最大限に生かす「タブ」、柔軟なレイアウトを実現する「レイアウター」、チェック・ラジオを画像で表現できる「ラジオイメージ / チェックイメージ」、二択のスマートフォンらしい表現「スイッチ」を追加しました。
これら新部品の追加により、「x-fit」が実現できるタッチUIの適用が拡大します。

3.部品支援ツールの強化
「Training Editor for x-fit Version 1.1」は、複数のタッチUI部品を保存・呼び出しができる支援ツールです。組み合わせ表示によるページ全体でのイメージ確認や、タッチUI部品の実装トレーニングにご利用いただけます。


■『x-fit Version 1.1』の新機能

・タッチUI部品の追加
「タブ」「レイアウター」
「ラジオイメージ / チェックイメージ」「スイッチ」
・Windows Phone、BlackBerryの機種対応
・iOSバージョン別の機種情報設定
・Androidエミュレータ対応
・機種グループ限定で属性を適用する機能
・機種グループ毎にCSSを出し分ける部品「csses」
・画面サイズの算術計算機能
・縦横回転時の画面サイズ取得API
・JavaScriptで現在の画面状態を取得
・スレッドプールの処理待ちモニタリング
・リライト時のアクセス機種ログとURLの出力
・縦横回転時の画像サイズの挙動制御
・Blocklinkの子要素上下センタリング機能改善
・Justifyの縦横別マージン指定、ほか


■『x-fit Version 1.1』の無償評価環境

これまでのファイル送付型の無償評価ライセンスとは別に、無償クラウド評価環境をご用意いたしました。

サーバ環境を準備できないお客様にも「x-fit」をお試しいただけるように、OSやWebサーバなども含めて「x-fit」評価ライセンスが導入済みの評価環境です。お申し込み後から数日でご利用できます。ぜひご検討ください。


【「x-fit」について】
スマートフォン最適化サイトの構築は、JavaScriptの多用による機種依存やブラウザ依存が激しいために、マルチデバイス対応における品質確保が困難であることが問題になっています。その問題解決のため、スマートフォン最適化サイトに欠かせないインタラクティブなタッチUIを簡単に実装できる全機種対応ライブラリが「x-fit」です。端末に合わせてHTMLやJavaScript、画像を自動変換することで、機種依存を解決し短納期で確実性の高いスマートフォンサイトの構築と運用を実現します。

「x-fit」製品の詳細は下記をご覧ください。
URL: https://www.x-fit.jp/


【株式会社KSKについて】
会社名    : 株式会社KSK
サイト    : http://www.ksk.co.jp/
本社所在地  : 〒206-0804 東京都稲城市百村1625-2
資本金    : 14億4,846万円 JASDAQ(9687)
代表取締役社長: 河村 具美
設立     : 1974年5月23日


【フレックス・ファーム ビジネスユニットについて】
http://www.flexfirm.jp/
フレックス・ファームは1999年のiモード誕生以来、モバイルデバイス向けアプリケーションの開発・運用を支援するビジネスを展開しており、モバイルサイト変換ミドルウェア「x-Servlet」、スマートフォン・携帯電話全機種を対象とした「実機検証サービス」、インタラクティブなスマートフォンサイトの品質確保を実現する全機種対応ライブラリ「x-fit」等さまざまな製品・サービスを提供し、業界をリードしています。


【プレスリリースのお問い合わせ先】
<製品・サービスについて>
株式会社KSK ITソリューション事業部
フレックス・ファーム ビジネスユニット
TEL : 03-5365-2800
FAX : 03-5365-2875
URL : http://www.flexfirm.jp/
MAIL: direct(@)flexfirm.jp ※()を外して送信ください。

<IR関連について>
株式会社KSK
牧野 信之
TEL:042-378-1100

※本リリースに掲載されている製品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

スマホサイトを部品で構築

@Press

トピックスRSS

ランキング