スマートフォンサイト全機種対応ライブラリ「x-fit」、Windows PhoneとBlackBerryに対応しバージョンアップ~6月28日より無償クラウド評価環境の申し込み開始~

@Press / 2012年6月28日 16時0分

x-fit製品ロゴ
株式会社KSK(本社:東京都稲城市、代表取締役社長:河村 具美、JASDAQ:9687)のフレックス・ファーム ビジネスユニット(以下 フレックス・ファーム)は、インタラクティブなスマートフォンサイトの品質確保を実現する全機種対応ライブラリ「x-fit(クロスフィット)」をバージョンアップし、対応機種の拡充やタッチUI部品の追加を行いました。幅広い分野のスマートフォンサイト構築に適用できるようにした『x-fit Version 1.1』として、6月28日より出荷を開始いたします。また同時に、無償の評価環境のお申し込みを開始いたします。

URL: https://www.x-fit.jp/


■バージョンアップの背景

スマートフォン最適化サイトに欠かせないインタラクティブなタッチUIの品質確保と簡単実装を実現する「x-fit」は、多くのWeb構築関係者の声を取り入れてきました。その中には、すべてのスマートフォンOSに対応して機種対応を確実にして欲しい、タッチUI部品のバリエーションを増やして欲しい、などの要望がありました。

今回のバージョンアップでは、機種対応にこだわるスマートフォン最適化サイトに導入いただけるように、これまでのiOSとAndroidだけでなく、Windows PhoneとBlackBerryのOS搭載機種にも対応しました。また、5種のタッチUI部品を追加して計15種としました。ほかにも数多くの機能追加や機能改善を行って利便性の向上を図りました。


■バージョンアップによる主な恩恵

Windows PhoneとBlackBerryの機種に対応したことで、対応機種数がこれまでの「147」から「154」になる(2012年6月28日想定)だけでなく、スマートフォンへの機種対応に関して「全スマートフォン対応」と言える網羅性を確保できます。

また、サイトに適用する「x-fit」のタッチUI部品を増やすことで、サイトの表現力が向上するだけでなく、オリジナル実装から「x-fit」部品へ移行できるタッチUIが増えるために信頼性の高いサイト運用が期待できます。

さらに、タッチUI部品を実装するコーディング担当者向けの支援ツールを刷新し、「Training Editor for x-fit Version 1.1」として大幅に機能拡張しました。この他にも、スマートフォンサイト構築から運用にいたるまで、きめ細やかな改善を行ったことでより高レベルの最適運用が実現できます。

@Press

トピックスRSS

ランキング