「NHK」の国際討論番組で「ユーロ危機」について議論 独、仏、ギリシャ、スペインの専門家、伊藤 隆敏氏らが参加

@Press / 2012年6月29日 14時30分

NHKの国際討論番組「グローバルディベート WISDOM(ウィズダム)」(NHK BS1)は6月30日(土)午後10時から午後11時49分まで(途中10分間のニュースをはさむ)、「ユーロ危機 EUはどこへ向かうのか」というテーマの番組を放送します。

「グローバルディベート WISDOM(ウィズダム)」は、日英2か国語のウェブサイトで世界中から様々な意見を集め、議論を重ねた上で、IPネットワーク等で結ばれた世界各地の第一級の知性“WISDOM”たちが国際討論を繰り広げる新しいスタイルの国際討論番組です。生放送中にもツイッターで意見を寄せてもらうなど、双方向性を高くし、これまでの討論番組にない新たな発想や鋭い意見を伝えていきます。この番組は、NHK BS1で2010年4月から特集番組として始まった「プロジェクトWISDOM」が今年4月、番組名もあらたに、パワーアップして再スタートしたものです。

今回はギリシャを震源としてスペインなどへも拡大の様相をみせる“ユーロ危機”がテーマです。信用不安の拡大を防ぐことはできるのか、世界経済、日本経済にどのような影響を与えるのか、今後EUはどのような方向に進むべきなのかについて、ギリシャ、スペイン、ドイツ、フランス、そして、イギリス、アメリカ、日本の専門家が議論します。ギリシャからはアテネ大学准教授のディミトリ・ソティロプロス氏、スペインからはシンクタンク「Fedea」の研究者で、英・ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)教授のルイス・ガリカノ氏、ドイツからIfo経済研究所のカイ・カールステンゼン氏、フランスからパリ政治学院教授のザキ・ライディ氏、アメリカからハーバード大学ケネディスクール教授のジェフリー・フランケル氏、イギリスからバーミンガム大学名誉教授でシンクタンク「公的通貨・金融機関フォーラム(OMFIF)」共同議長のデビッド・マーシュ氏、そして東京のスタジオからは東京大学大学院教授の伊藤 隆敏氏も参加します。司会はNHKアナウンサーの真下 貴、フリーアナウンサーの滝川クリステル。番組では、生放送中にツイッターで視聴者からご意見を募集し紹介していきます。

番組名 : NHK BS1「グローバルディベート WISDOM(ウィズダム)」
放送予定: 平成24年6月30日(土) 午後10時~午後11時49分
テーマ : 「ユーロ危機 EUはどこへ向かうのか」
司会  : NHKアナウンサー 真下 貴(ましも たかし)
      フリーアナウンサー 滝川クリステル
URL   : http://www.nhk.or.jp/wisdom/
ツイッター ハッシュタグ:#nhk_wisdom

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング