ソフトブレーンとオーリッド、営業支援システム(SFA)への紙媒体のデジタル化機能拡充において業務提携

@Press / 2012年7月3日 13時0分

 営業課題解決サービスを提供するソフトブレーン株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 豊田 浩文、以下 ソフトブレーン)と株式会社オーリッド(大分県別府市、代表取締役 三浦 雅弘、以下 オーリッド)は業務提携し、ソフトブレーンが提供する営業支援システム(SFA)「eセールスマネージャーRemix Cloud」にオーリッドが提供する紙媒体のデジタル化システムを取り込み、サービス提供することについて合意したことを発表いたします。

 第1弾として、名刺のデジタル化機能を標準装備したSFA「eセールスマネージャーRemix Cloud」の提供を行います。販売は2012年8月上旬を予定しています。


■業務提携の背景
 オーリッドは、独自の紙媒体のデジタル化システム「O-RID KYBER」を開発し、「セキュリティ」「コスト」「クオリティ」「スピード」を追求したソリューションをBtoC(個人向け)市場でグローバルに展開しています。
 また、ソフトブレーンでは、1,700社を超える企業に採用されてきた営業支援システム(SFA)「eセールスマネージャーRemix Cloud」を提供しています。「ワイヤレス」「シームレス」「キーボードレス」をコンセプトに設計し、スマートデバイスへも完全対応、営業現場での使いやすさを追求してきました。

 この度の業務提携でオーリッドはBtoB(法人向け)市場への新たな参入、ソフトブレーンはSFAの活用促進ポイントの一つである名刺などのデータ登録の円滑化を目指し「eセールスマネージャーRemix Cloud」への機能拡充を行います。
 企業が営業改革を行うためには、まず営業活動の見える化と分析が必要となります。そのためには、SFAへの活動情報の蓄積が不可欠です。蓄積すべき情報の中でも名刺などの紙媒体をデジタル化して登録する仕組みの構築は、多くの企業の課題となってきました。この課題を解決するため、高いセキュリティと品質を保ち、低コストでリアルタイムに紙媒体をデジタル化し自動登録できるシステムをSFAに取り込み、新たなソリューションとして提供するため業務提携を行いました。


■業務提携の内容
 オーリッドが開発した紙媒体のデジタル化システムをソフトブレーンが提供するSFA「eセールスマネージャーRemix Cloud」の一機能として標準装備する予定です。第1弾として、名刺のデジタル化機能を装備します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング