NFC対応サービスの提供について~NFC対応アプリの提供とペット情報NFCタグの配布~

@Press / 2012年7月12日 12時0分

タグリーダー
BIGLOBEプレスルーム
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/release/2012/07/120712-a


 NECビッグローブ株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:古関 義幸、以下 BIGLOBE)は、Android(TM)搭載スマートフォンで今後本格的な普及が見込まれるNFC(近距離無線通信)に対応した3つのサービスを、本年7月より提供開始いたします。
( http://smilepass.net/ )


 NFCは、ICタグを読み取る「リーダー機能」、相互に情報を交換する「ピア・ツー・ピア機能」、従来の電子マネーに代表されるICカードのように動作する「カードエミュレーション機能」などを有しています。今回提供するサービスは、「リーダー機能」と「ピア・ツー・ピア機能」を活用しておりNFCの新たな利用シーンを提案するものです。


 第一弾として7月12日より提供するサービスは、Android搭載スマートフォン向けのアプリで、NFCのリーダー機能を活用した「SmilePass Tag Reader(スマイルパスタグリーダー)」と、ピア・ツー・ピア機能でアドレス交換が可能な「SmilePass アドレス交換」の2種類です。また、既存のペット向けアプリと連携させることで、ペットのプロフィール情報が表示可能なICタグを、7月13日より台湾のペット関連展示会で配布します。BIGLOBEでは、NFC搭載スマートフォン向けのアプリ提供や、ICタグ配布をいちはやく行うことで、利用者のニーズ把握や企業向けソリューションの開発に取り組んでまいります。


 本年7月より提供を開始するNFC対応サービスの詳細は以下の通りです。

1.ICタグを読み取るアプリ「SmilePass Tag Reader」
 NFC機能搭載のスマートフォンをNFC対応のICタグやICカードにかざすだけで、QRコードよりも容易に指定のWebサイトが表示される。「SmilePass Tag Reader」ではWebサイトを表示するだけでなく、Twitterなど他サービスと組み合わせたオリジナル画面の表示が可能。これにより、ICタグを埋め込んだポスターから、詳細を説明するWebページを表示し、クーポンを発行するなど、購買や来店機会向上につなげることが可能。

2.NFCを利用したアドレス交換アプリ「SmilePass アドレス交換」
 NFC対応の携帯電話同士であれば、端末どうしを近づけるだけでデータ交換が出来る。「SmilePass アドレス交換」では、メールアドレス、Twitter、FacebookのIDなど、指定した連絡先情報を交換できる。赤外線通信やアプリを使ったアドレス交換では、受信側でもサービスやアプリの起動が必要になるが、本サービスでは送信側の操作だけでアドレス情報を渡すことができる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング