イー・アクセス「EMOBILE LTE」の利用者接続制御システムにかもめエンジニアリングの分散KVS製品「KFEP(ケイフェップ)」採用

@Press / 2012年7月11日 12時0分

EMOBILE LTEサービス・システムにおけるKFEPの役割
 かもめエンジニアリング株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:潮村 剛)は、イー・アクセス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長:千本 倖生)が3月15日より展開中のLTEサービス「EMOBILE LTE」の利用者接続制御システムに、かもめエンジニアリングの分散KVSシステム「KFEP(ケイフェップ)」が採用されたことを発表します。
 LTE利用者の認証・権限付与・利用状況管理をつかさどる接続制御システムに分散KVSが使われるのは国内初。イー・アクセスは分散KVSならではの信頼性、拡張性に着目して、ユーザ数の急成長やサービス・メニューの拡充が見込まれるEMOBILE LTEにKFEPの採用を決めました。

 KFEPは、かもめエンジニアリングが通信事業クラスの利用者制御をターゲットに開発した分散KVSシステムです。キャリア・レベルの処理性能と信頼性を実現し、利用者管理の一元化を現実のものにします。

 従来から広く使われている通信事業者クラスの利用者接続制御システムは、RDBをベースに構築・運用するのが一般的です。しかしRDBには、(1)スケーラビリティに乏しい、(2)データを一点で集中管理するためボトルネックや信頼性確保の弱点が生ずる――といった問題がありました。単体では限られた機能・性能の利用者接続制御システムを複数使うことになるため、統合的な管理が困難で硬直的な利用者管理システムになるという問題もありました。

 かもめエンジニアリングはKFEPの開発に当たって、通信事業者クラスの利用者接続制御に求められる要件を洗い出し、必要十分な機能・性能を持たせる一方、過大な機能をそぎ落としました。その結果、きわめて軽量で、データの分散管理と集中制御を両立できる分散KVSを基にしたシステムになっています。

 一方イー・アクセスは、利用者接続制御システムを、第3.9世代のLTEサービスの実現に向けて高度な接続制御ができる一元化したプラットフォームとして整備することを企図しました。検討の過程で、利用者接続制御管理システムの一元化と堅牢化を実現するKFEPに着目し、約1年間の試用を経て、EMOBILE LTEサービスの開始と共にKFEPを正式採用しました。

 EMOBILE LTEの利用者接続制御システムは、利用者情報を基に、認証要求やサービス利用状況といったリアルタイム情報を照合・記録することで認証、権限付与、利用状況の把握を実現します【添付図参照】。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング