「50年昔の製品再現プロジェクト」愛用者のご協力で、会社設立当時のパッケージを再現

@Press / 2012年7月13日 11時0分

再現製品と現行製品
 1950年の創業以来のローヤルゼリー専業メーカーである森川ローヤルゼリー株式会社(本社:熊本市富合町、代表取締役:森川 治雄)は、本年法人化50周年を迎えました。その記念事業の一環として、「50年昔の製品再現プロジェクト」を実施しました。
 愛用者のご協力により当時の製品パッケージを発見し、ほぼ同じ製法のローヤルゼリーカプセルを封入することで、「50年昔の製品」が再現できました。
詳細: http://morikawa-rj.com/contents/customer2011


 「ローヤルゼリーの力で、人々を健康に」という想いを持った当社創業者が、「ローヤルゼリー多収技術」「ローヤルゼリーを安定化する凍結乾燥法」「利便性を向上させるカプセル充填」といった、今日まで継承される基本技術を確立させて、ローヤルゼリー製品の基礎を造りました。
 再現したのは、法人化した直後の1962年からしばらく販売していた製品です。

 元々、養蜂が盛んなヨーロッパで発見されたローヤルゼリーですが、「産業」として確立したのは日本です。世界でも有数の「ローヤルゼリー大国」となっています。
 それには、手先の器用さなど日本人独特の特質の影響と、先人たちの熱意があったと思われます。

 今回のパッケージの発見は、所有者の方だけでなく、情報提供の呼び掛けにご協力いただいた各種メディア関係者の皆様のご尽力にもよるものです。ご協力ありがとうございました。

 当社では、機会あるごとに日本人とローヤルゼリーの関わりや、黎明期のようすなどについても情報発信していきます。


■プロジェクトのきっかけ
 永年、ローヤルゼリーの製造販売を手掛けている当社ですが、国道工事などの公共事業に関連して数度の移転を繰り返しました。移転の最中に、資料などが散逸してしまい、会社設立当時のパッケージも社内にはなくなってしまいました。
 そこで、愛用者を含めた一般の方々にご協力を呼びかける「再現プロジェクト」を行うことにしました。


■製品パッケージ情報の募集
 昨年7月から11月にかけて、「全国捜索中!50年前の製品パッケージ捜しています」という名称で、製品パッケージの情報を求める懸賞企画を実施しました。もっとも有益な情報提供者に5万円の懸賞金をお渡しするという企画です。プレスリリースの配信により、電子媒体の他、地元新聞、テレビ局の取材を受けました。


■パッケージの発見
 地元のテレビ局での放送後、男性から「自宅に持っている」という電話連絡がありました。男性は熊本市在住の元会社員で、直接お会いしてお話を伺ってみました。
 お話によれば、40数年前に仕事関係で当社に立ち寄られた際に購入したものということで、その後ケースを「小物入れ」として使用されていたということでした。
 懸賞企画でお寄せいただいた情報はこの1件のみでした。男性には、感謝状と懸賞金5万円を贈呈いたしました。


■設立当時の製品再現
 ご提供いただいたパッケージは、その大きさ・刻印から「法人化直後のカプセル入りローヤルゼリー」であることがわかりました。
 該当製品の後継品で、同じ大きさのカプセルを使用している「キング」のカプセルをパッケージに詰めてみました(当時は赤着色カプセル、現在は透明カプセルを使用)。

※写真は、下記からダウンロードできます。
http://www.morikawa-rj.com/pr/201207/oldandnew.jpg (新旧製品対比)
http://www.morikawa-rj.com/pr/201207/50spac.jpg (50年前の製品)


■森川ローヤルゼリー株式会社 企業概要
(1)商号   : 森川ローヤルゼリー株式会社
(2)代表者  : 代表取締役 森川 治雄
(3)本社・工場: 熊本市南区富合町杉島1153-4
(4)創業   : 1950年「森川養蜂場」創業
(5)設立   : 1962年4月「森川ローヤルゼリー株式会社」設立
(6)主事業内容: ローヤルゼリーの製造・販売
(7)Webサイト : http://www.morikawa-rj.com/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

発売当時の製品写真

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング