「家族」で食事作りの悩みが深くなる?クチコミプラットフォーム「buzzLife」アンケートレポート

@Press / 2012年7月23日 16時0分

【図1】問1の回答:全体
インタラクティブ・マーケティングをワンストップで手がける株式会社イーライフ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:藤原 誠一郎)は、同社が運営するクチコミプラットフォーム「buzzLife」(バズライフ、URL: http://www.buzzlife.jp/ )の会員約18万人に対して、食事作りの悩みや改善策に関するアンケート調査を行いました。

「buzzLife」会員は、商品の新しい価値を発見する「創造的消費」を行い周囲と積極的に交わる、いわゆるアクティブ・コンシューマーの要素が強く、無報酬の活動にも関わらず「buzzLife」の諸活動に積極参加し自分の意見を発信する特徴があります。今回のアンケートテーマ「食事作りの悩み」は、「アンケートで取り上げてほしい話題」として会員から多く寄せられた意見に基づき設定された、いわば会員によって作り上げられたアンケートで、4日間で16,000名を超える会員から自由記述を伴う回答が寄せられました。

※この「buzzLife」アンケート結果は、「buzzLife」ホームページ内でも公開しています。
URL: http://www.buzzlife.jp/survey/2012/120701/


■一番困っているのは夕食、でも子どもがいると?
毎日の食事作り、一番困っている/改善したいのはどの食事?という質問への回答で、最も多かったのは「夕食」で全体の44%を占めました。次いで「お弁当」17.1%「朝食」14.1%と続きます。

【問1】あなたが「日々の食事作り」で、困っていたり改善したいと感じているものについて、もっとも当てはまる項目をお選び下さい。(N=16,274)

ここで注目したいのは、子どもの有無と朝食。子どもなし9.0%に対して子どもあり16.8%と、子どもありで朝食に悩む人の割合が1.5倍以上になりました。
FAを見ると、「子どものためにもっとちゃんとした朝食を用意したいが、時間がなくパンと牛乳になってしまう。」「子どもにはいろんなものを食べさせたいが、朝は好きなもの以外は食べたがらなくて困っている。」など、限られた時間や子どもの食欲に苦労している様子がうかがえます。
大人だけなら簡単に済ませてしまう朝食も、子どもがいるとそうはいかないという現実が浮き彫りになりました。

<回答:全体>   http://www.atpress.ne.jp/releases/28840/1_1.png
<回答:子の有無> http://www.atpress.ne.jp/releases/28840/2_2.png

@Press

トピックスRSS

ランキング