~「アルプスあづみの大昆虫博」7月14日より長野県・安曇野市にて開催中~約5万匹、日本最大級の展示 世界の珍しい昆虫(標本・生虫)が大集合! ☆何と、お城が買える蝶 ☆世界で一つだけの標本 ☆世界で一番大きな蛾 ☆世界で一番小さなアゲハチョウ ☆世界一小さなクワガタ 他にも珍しい昆虫がいっぱい

@Press / 2012年7月25日 9時30分

お城が買える蝶
北アルプスの懐に抱かれたツインパーク【国営アルプスあづみの公園】では、日本最大級のスケールで「アルプスあづみの大昆虫博」を、7月14日(土)から8月26日(日)まで、両地区2会場で開催中です。(堀金・穂高地区[安曇野市]と大町・松川地区[大町市])

今回の展示の中でも、たいへん希少価値が高く、珍しい展示は、
☆何と、お城が買える蝶「アウトクラトールウスバシロチョウ」
☆世界で一つだけの標本「ブッダタカネヒカゲ カシミール亜種」
☆世界で一番大きな蛾「ヨナグニサン」
☆世界で一番小さなアゲハチョウ「アークティカウスバシロチョウ」
☆世界一小さなクワガタ「マダラクワガタ」
この他にも、世界で一番大きなカミキリや色が変化する昆虫など、約5万匹の標本と生虫が展示されます。
大町・松川会場では世界に現存する約1,500種のクワガタのうち1,200種を展示、いまだかつてないスケールの展示です。また生きたカブトやクワガタに触れることもできます。各会場では、当昆虫博を監修された昆虫界の権威で世界有数の昆虫コレクターでもある、塚本 恵介先生による昆虫教室を開催、生虫の里親になれるビンゴクイズなども実施しています。

国営アルプスあづみの公園は、信州北アルプスの麓に位置する国営の公園で、堀金・穂高地区(安曇野市)と大町・松川地区(大町市)の2つのエリアからなるツインパークです。

広大な敷地の中には池や川があり季節の草花も楽しめる、「遊びと自然のフィールド・ミュージアム」です。
本資料をご参照いただき、夏休みのお出かけ情報としてご紹介いただければ幸いです。宜しくお願いいたします。


<開催概要>
■名称  : 「アルプスあづみの大昆虫博」
■開催期間: 2012年7月14日(土)~8月26日(日)
■開催時間: 9:30~17:45
■開催場所: ○堀金・穂高会場「世界のおもしろ昆虫たち」
        安曇野市堀金烏川33-4/0263-71-5511
       ○大町・松川会場「世界のクワガタ&信州の昆虫たち」
        大町市常盤7791-4/0261-21-1212
■URL   : http://www.azumino.go.jp/
■展示数 : 約5万匹(標本、生虫)
■入場料 : 300円/1人・1会場(他会場の入場は100円引き)
       ※3歳未満無料
       ※別途入園料が必要となります。
■監修  : 塚本 恵介
■主催  : アルプスあづみの公園管理JV
■共催  : のみぞ昆虫研究室


・お城が買える蝶
http://www.atpress.ne.jp/releases/28885/1_1.JPG
・世界で一番大きな蛾
http://www.atpress.ne.jp/releases/28885/2_2.JPG
・世界で一番大きなカミキリ
http://www.atpress.ne.jp/releases/28885/3_3.JPG


@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

世界で一番大きな蛾世界で一番大きなカミキリ大昆虫博ロゴ

@Press

トピックスRSS

ランキング