イーエムシーがエネルギー管理システムの運用基盤に「BIGLOBEクラウドホスティング」を採用

@Press / 2012年8月6日 11時15分

モニタリング画面イメージ
BIGLOBEプレスルーム
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/release/2012/08/120806-a


 イーエムシー株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:近藤 毅志、以下 イーエムシー)は、ビルエネルギー管理システム(以下 BEMS)(注1)の運用基盤に、NECビッグローブ株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:古関 義幸、以下 BIGLOBE)が提供するIaaS型パブリッククラウドサービス「BIGLOBEクラウドホスティング」を採用いたしました。
(URL: http://business.biglobe.ne.jp/hosting/cloud/ )

 夏の電力不足が懸念される中、経済産業省は更なる省エネ推進のため、中小ビルの空調や照明などのビルエネルギーを効率的に管理・制御するBEMSの普及拡大を目指しています。経済産業省がBEMS導入支援事業として実施している「エネルギー管理システム導入促進事業費補助金」(URL: http://sii.or.jp/bems/ )において、イーエムシーはBEMSを提供するアグリゲータの1社として採択されています。イーエムシーのBEMS(サービス名称:「EGW+plus」)は、ビルの消費電力をリアルタイムに可視化し、空調や照明の自動制御を行うことで、中小規模企業の省エネを強力に支援します(URL: http://www.emc1.jp/bems/egwplus/ )。

 本BEMSの運用基盤として、「BIGLOBEクラウドホスティング」を採用しており、低コスト・短期間でのサービス立ち上げや、セキュアで安定したサイト運用を実現しています。

 BEMSの運用基盤で「BIGLOBEクラウドホスティング」を導入した成果は以下の通りです。

1.BEMSシステムの設計から約2カ月で構築
 クラウド上でのシステム構築のため、サーバー調達や、ネットワーク構築する手間がなくなり、BEMSを自社サーバーで構築する場合と比べ約70%短縮し約2カ月で構築。約30台のサーバー構築にあたっては、サーバーを複製するといった方法で、手間を軽減し数日で構築を実現した。

2.フレキシブルなリソース変更により、効率的な運用を実現
 CPUやメモリなどバリエーションが豊富な「BIGLOBEクラウドホスティング」を活用することにより、必要な時にタイムリーなリソース確保が可能で最低限のリソースから効率的に利用できるため、初期投資を最低限に抑えることができる。イーエムシーは、BEMSを2年間で3,000社への導入を見込んでおり、導入社数の増減に応じてリソースを調整することで、システムの最適化を図り、運用の効率化を実現した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング