スギ花粉抗原 ELISA Kit発売開始のお知らせ~花粉の主要なアレルゲンである、Cry j1およびCry j2を特異的に測定可能~

@Press / 2012年7月26日 10時30分

株式会社特殊免疫研究所(所在地:東京都文京区、代表取締役社長:伊藤 行夫)は、スギ(Cryptomeria Japonica)花粉の主要なアレルゲンである、Cry j1およびCry j2を特異的に測定する環境アレルゲンELISA Kitを2012年7月25日発売いたしました。

「スギ花粉抗原 ELISA Kit「Cry j1」」および「スギ花粉抗原 ELISA Kit「Cry j2」」は、それぞれスギ花粉抗原であるCry j1およびCry j2に特異的な抗体を利用したサンドイッチEIA法を原理としています。これらのキットを用いることにより、試料中のCry j1、Cry j2を定量することができます。

日本においては人口の約3割が花粉症の症状を有すると言われており(Progress in Medicine 28(8):145-156.2008)、その原因の約7割はスギ花粉症と推定されています。

今回発売するスギ花粉抗原 ELISA Kitは、花粉症の治療法開発や花粉対策商品の開発に役立つものと考えております。


◆製品概要
品名  : スギ花粉抗原 ELISA Kit「Cry j1」
使用目的: 試料中のスギ花粉抗原であるCry j1の定量
発売開始: 2012年7月25日

品名  : スギ花粉抗原 ELISA Kit「Cry j2」
使用目的: 試料中のスギ花粉抗原であるCry j2の定量
発売開始: 2012年7月25日

関連URL: http://www.tokumen.co.jp/products/leaflet/LJ-Cryj1,Cryj2_EIA-04.pdf


◆花粉症に関する情報
(1) 厚生労働省:花粉症特集
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/kafun.html
(2) 環境省:花粉情報サイト
http://www.env.go.jp/chemi/anzen/kafun/


【会社概要】
1979年の創業以来、「国家プロジェクトの抗体開発エンジン」として、肝炎ウイルス、ヘリコバクターピロリ、及びインフルエンザといった種々の感染症に関する体外診断用医薬品、研究用試薬、及びモノクローナル抗体を、国内外の臨床医、基礎研究者、及び検査現場の方々にいち早く提供してきました。最近では、2011年5月1日に、国内で初めてB型肝炎ウイルス(HBV)の遺伝子型(Genotype)を判定するための体外診断用医薬品の保険適用を受けております。また、肝炎ウイルスに関する啓発活動の一助になればと、肝炎ウイルスに関するコラムを収めた「肝炎ウイルス十話」を出版しました。
創業30余年を経ても、バイオベンチャーの旗手としての信条を忘れず、国際医療に貢献するべく躍進し続けます。

社名   : 株式会社特殊免疫研究所
本社所在地: 〒112-0004 東京都文京区後楽1-1-10 日本生命水道橋ビル
       (URL: http://www.tokumen.co.jp )
代表者  : 代表取締役社長 伊藤 行夫
資本金  : 3億7百万円
従業員数 : 45名
事業内容 : 体外診断用医薬品、モノクローナル抗体、
       各種研究用試薬の製造販売・輸入販売

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング