ソンズ、高機能CMS「i-SITE PORTAL」の最新バージョン(Ver.2.22)を販売開始

@Press / 2012年7月26日 14時30分

ソンズ株式会社(本社:鳥取県鳥取市、代表取締役:鈴木 尊善)は、高機能CMS(※)「i-SITE PORTAL(アイ・サイトポータル)」の最新バージョンである『i-SITE PORTAL Ver.2.22』の販売を2012年7月23日から開始いたしました。
「i-SITE PORTAL」Web: http://www.i-site.jp/

※CMSはコンテンツマネジメントシステム(Content Management System)の略称で、Webサイトを管理運営するシステムのことです。


「i-SITE PORTAL」は、ソンズ株式会社が開発・販売する国産CMSです。小規模から数十万ページの大規模サイトまで、あらゆる規模のWebサイトの構築・管理運営が可能で、2003年の発売以来、多くの自治体、企業、学校、各種団体などで導入いただいています。

このたび販売を開始した最新バージョン『i-SITE PORTAL Ver.2.22』では、スマートフォン対応やCSS3のサポートなど、新しい技術への対応を図り、標準の機能として装備しました。
スマートフォンの普及に伴い、スマートフォンの閲覧に適したスマートフォンサイトの必要性が高まっていますが、『i-SITE PORTAL Ver.2.22』ではPC向けサイトと同時にスマートフォンサイトを作成・管理することができます。PC向けサイト・携帯サイト・スマートフォンサイトを併用したサイト構築・管理運営も可能です。また、最新版のスタイルシートCSS3に対応することで、Webページの見栄えやデザインを整える際、CSS3からの新機能をご使用いただけます。

そのほかにも、ページ追加やコンテンツ作成における作業の省略化を図る、複数の機能を拡充強化しました。「i-SITE PORTAL」では、ブラウザからページを追加したり、見ているページを直接編集したりすることができますが、より一層の作業効率の向上が期待できます。


■発売日
2012年7月23日(月)


■販売価格
i-SITE PORTAL パッケージ版 180万(税別)
※ASPサービスやクラウドでのご利用も承っております。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング