“FUJIWARA 藤本/博多華丸/宮川大輔/ペナルティ ヒデ/品川庄司 庄司 COWCOW よし・多田/パンクブーブー 佐藤/インパルス 堤下”よしもとパパ芸人が子どもたちに作った「パパコ絵本」8作品をiOS/Android絵本アプリ『こえほん』で独占配信!~ 8月8日(パパの日)に、8作品イッキに公開 ~

@Press / 2012年8月8日 11時0分

よしもとパパ芸人たちが子どもたちに作った絵本
 モバイルコンテンツやEコマース事業を運営する、株式会社アイフリーク(以下、当社)は、絵本アプリ『こえほん』内にて、よしもとクリエイティブ・エージェンシーの「PaPaPARK!」と、広告会社電通のクリエーティブユニット「汐留イノベーションスタジオ」が推進する「PaPaCo Design Project」との共同企画、パパと子どもが一緒に楽しめる絵本「パパコ絵本」を8月8日(パパの日)から独占で配信開始いたします。

iPhone/iPad/Androidで楽しめる『こえほん』の「パパコ絵本」特設ページ
http://www.pict-box.com/app/

<よしもとパパ芸人たちが子どもたちに作った絵本>
http://www.atpress.ne.jp/releases/28989/A_1.jpg


■パパコ絵本とは
近年、父親の育児参加のあり方への関心が高まっていることを背景に、父子のコミュニケーションや学び、エンターテイメントについての発信を続ける「PaPaCo Design Project」と「PaPaPARK!」の両者は互いの活動に共感し、オープンイノベーションの一貫として「コミュニケーションのプロ」である広告会社電通のクリエーターと、「笑いのプロ」であるパパ芸人がタッグを組んで、パパが子どもに読んであげたい「パパコ絵本」をつくりました。
また、絵本アプリ『こえほん』は、「PaPaCo Design Project」と「PaPaPARK!」の両者から、親子のコミュニケーションを創出できる最適な配信プラットフォームとして共感いただき、「パパコ絵本」と共同した企画としては『こえほん』内で販売されます。
今回、参加したパパ芸人と電通クリエーターは全8チーム。すべてのチームがセッションを繰り返し、親子で一緒に読んで笑顔になれることは何か?父親として伝えたい大切なことは何か?を考え、それぞれにオリジナリティ溢れ、想いが詰まった絵本として、8作品をラインナップすることができました。これらの作品は、デジタル絵本として、アプリ『こえほん』内で、パパ芸人の朗読付きで購入することができます。

※「パパコ絵本シリーズ」作品の入手方法
絵本配信アプリ「こえほん」内で購入することができます。「こえほん」は、iPad/iPhone/iPod touch/Android各端末から「こえほん」と検索してインストール(無料)してください。

@Press

トピックスRSS

ランキング