日本ブレケケ、『Brekeke PBX』にクラウドサービス事業者向け管理機能を追加したバージョンアップ版を7月20日より提供開始

@Press / 2012年7月31日 10時0分

株式会社 日本ブレケケ(本社:東京都豊島区、代表取締役:山出 晋)は、クラウドサービス事業者向けマルチテナント対応『Brekeke PBX』に管理機能を強化したバージョンアップ版を7月20日より提供開始しました。従来からBrekeke PBXバージョン3をご利用頂いているお客様には無償でアップグレードをご提供いたします。


■マルチテナント機能について
マルチテナントとは、1サーバ上のソフトウェアPBXで複数の企業に対してサービスを実現する機能です。各テナント企業は、専用のPBXを導入するのと同様の機能をクラウドサービスとして利用できるようになります。ブレケケのマルチテナント機能は、OSの仮想化を使わずに、ソフトウェアで実現しているため、高いパフォーマンスを得られるとともに、管理が容易です。


■新機能について
・クラウドサービス提供事業を行う代理店がサービス提供テナント毎にブランドロゴを自由に入れ替えることが可能になりました。サービス提供事業者は同一設備上で、自社ブランドサービスと同時に他のサービス事業者の代行サービスを行うことができます。
・接続ドメイン毎にサービスを利用しているテナント専用のログイン画面を表示します。
・PBXの管理画面自体をサービス提供事業者の完全オリジナル画面で提供することも可能です。


■会社概要
商号  : 株式会社 日本ブレケケ (英語名:Brekeke Japan, Inc.)
設立  : 1999年12月
所在地 : 〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-39-8
代表  : 代表取締役 山出 晋

事業内容: SIPサーバサイド技術の研究開発
      IP電話関連サービスの提供、電話関連ソフトウェア開発、
      IP電話関連パッケージソフトウェア販売、
      コンサルティングの提供、IPコンタクトセンター構築支援、
      プレディクティブ・ダイヤラーの開発、
      テレカン君(無料電話会議サービス)の運営
URL   : http://brekeke.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング