「買いたい物件が見つかったのに、わが家が売れなかったら」とご不安の方に 東急リバブルの安心の暮らし替えサポートシステム『リバブル売却保証システム』サービス開始のお知らせ

@Press / 2012年8月1日 16時0分

東急リバブル株式会社(代表取締役社長:中島 美博、本社:東京都渋谷区)は、住まいの買換えを希望されるお客様へのサポートシステム「買取保証制度」を改定し、本日より新たに『リバブル売却保証システム』としてサービスを開始いたしましたので、お知らせいたします。

当社は、1983(昭和58)年7月に「買取保証制度」を不動産流通業界に先駆けて導入いたしました。住まいを買換える際、一定期間内にご売却に至らなかった場合に当社が購入させていただくことで、買換えに伴う“売れないから買えない”というお客様の不安を解消し、買換先物件のご契約の確実かつ円滑な進行のサポートに努めてまいりました。
本制度の2011年度の利用件数は、対前年度52%の増加となっており、お陰様でお客様からも高いご評価をいただいております。
今後もより多くのお客様に本制度をご利用いただき、安心かつご満足のいく暮らし替えを実現していただくために、このたび制度内容の改定を行いました。

今般の改定では、適用物件基準についての見直しを図り、従前は適用基準外であった路地上部分を含む土地や不整形地などの物件をご売却されるお客様にも、ご利用いただくことが可能となりました。また、当初の売出価格設定などについても緩和し、お客様がより利用しやすい内容といたしました。

当社は、長年にわたり多くのお客様に支えられ、本年、創業40周年の節目を迎えることができました。当社では、お客様の暮らし替えに関する様々なサービスの充実に努めており、本制度の改定もその一環として行ったものです。
今後も様々なお客様のニーズに対応すべく、より一層のサービスの充実を目指してまいります。


■改定のポイント
≪適用物件基準の緩和≫
(1)物件特性
路地上部分を含む土地・不整形地・既存不適格建築物・高圧線下の物件等の7種をこれまでの基準外から基準内へ変更

(2)築年数
【マンション】築25年以内 ⇒ 新耐震基準
※新耐震基準=昭和56年6月1日以降の建築確認取得物件

(3)面積
【マンション】 [新規]専有面積(壁芯):30m2以上
【土地・一戸建】敷地面積:50m2以上 ⇒ 40m2以上
※実測により40m2を欠ける場合は適用不可


≪売出価格の変更≫
(1)売出価格
査定価格×110% ⇒ 査定価格×115%
※当社売却保証率は「当社査定価格の90%を上限」より変更なし


※本制度の適用は、一般的な住宅ローンの通常利用が可能であること(融資率の制限等付帯条件がなく、通常に審査されること)が前提となります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング