複数メンバー同士・無料・1分でビジネスコミュニケーションをスタート!ビジネス版 Facebook Group「Social-ML」 β版リリースのお知らせ ~ 2012年9月30日まで有料版が無料! ~

@Press / 2012年8月3日 10時30分

料金体系
 ソーシャルメディアの企画・開発、Webと絡めた商品・事業企画コンサルティングを行うKANDO株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:高橋 輝行)は、誰でも簡単にリッチなプロジェクトコミュニケーションを行え、プロジェクトを通して人がつながるプロジェクト・コミュニケーション・プラットフォーム「ソーシャルエムエル(Social-ML)」のβ版を7月30日(月)にリリースしました。

「ソーシャルエムエル(Social-ML)」URL: http://social-ml.com


【開発の背景】
 企業や個人事業主、そして教育現場でもプロジェクト型ワーク(異なるスキルや知識を持ったメンバーで高い問題解決を行う仕事)が増え、様々な成果を挙げています。一方、企業内SNSが近年注目を浴び、ビジネスでのSNS利用の可能性が拓けてきました。

 しかし、利用が社内限定、利用メンバーに上限、広告が煩雑、不要な機能が多い等、メンバーコミュニケーションを行う上で、誰でも簡単に使えるツールがありませんでした。

 弊社ではコンサルティング、開発プロジェクトが多数進行、コミュニケーション管理に悩んだ末、自社でコミュニケーションツールを開発。これが思いの外、外部メンバーに支持されたため、より多くの方に使って頂けるようβ版をリリースしました。

 それが「ビジネス版 Facebook Group」とも言えるサービス「ソーシャルエムエル(Social-ML)」です。


【「ソーシャルエムエル(Social-ML)」β版概要】
 使い方は、まず「ユーザー名」(実名・匿名問わず)と「メールアドレス」を登録。ソーシャルメーリングリストを作成し、メンバーを招待。無料・1分で、メンバーコミュニケーションを開始できます。

 広告やレコメンドを一切無くし、ビジネスコミュニケーションに必要最低限な機能を実装。シンプルなユーザーインターフェースで、メールを利用したことがある方なら説明不要でどなたでもご利用頂けます。クラウド型でいつでもどこからでもアクセスでき、スマートフォンでの利用も可能です。
 文字装飾、文書整形、写真・リンク・YouTubeの張り付け、各種ファイルは1投稿当たり最大50MBまでの添付が可能です。

 β版ではリストは「非公開」(参加メンバー以外は中身を見られない)のみでスタートいたします。現在、数百名のユーザーの要望を元に機能を拡張、9月には誰でも見られる「公開」や参加者のみ見られる「限定公開」リスト機能をリリース予定です。プロジェクトの拡散や、プロジェクトを通じたWebユーザー同士の共創が可能となります。

@Press

トピックスRSS

ランキング