大光電機、日本建築家協会と共同で「建築家のあかりコンペ2012」を開催

@Press / 2012年8月7日 9時30分

 照明器具専業メーカーの大光電機株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:前芝 辰二 http://www.lighting-daiko.co.jp )と、社団法人日本建築家協会(本部:東京都渋谷区、会長:芦原 太郎 http://www.jia.or.jp/index.html 以下 JIA)は、“歩行者に優しい「まちの照明」”をテーマに、「建築家のあかりコンペ2012」を開催します。本年8月1日より本コンペに参加する建築家の募集を開始し、同月31日にエントリーを閉め切ります。同年12月1日には「BankART Studio NYK(旧日本郵船倉庫)」にて開催される「JIA建築家大会横浜2012」において表彰式を行います。

 JIAは、1987年5月に新日本建築家協会として設立した組織で、1996年6月に現在の名称に変更しました。かつて「建築家」は、建築物のみならず都市計画にいたる生活環境全般までを責任をもって創造していく“職能人”に与えられた称号でした。JIAは、その歴史を重要視する観点から建築家の職能をわが国に定着させることを目的とした団体です。社会公共が必要とする建築家の職能を確立するために、建築家に対する教育、研修、イベント、表彰などあらゆる活動を行っています。

 このたび、大光電機とJIAが共同で開催する「建築家のあかりコンペ2012」は、“歩行者に優しい「まちの照明」”をテーマに設定しました。審査委員長の山本 理顕氏(建築家)は、次のように述べています。

 「横浜港湾岸地域の照明が東北大震災以降、節電によって明るさが抑えられている。無意味に明るかった広告照明や屋外照明が控えめになって、色温度の低い街灯が海に映ってむしろしっとりとした港町らしい佇まいになった。従来までの都市照明が、広告効果や早いスピードで通り過ぎる車のためにあるような照明だったのだ」。
 「そこに住む人たちにとって最も相応しい屋外照明はどうあればいいのか。その街で生活している人たちにとって夜の明かりは単に明るければいいというものではない。自分の住む街に帰ってきたと思えるような安らぎのある照明。あるいはその街で商売をしている人たちにとってはお客さんを迎え入れるような照明。そのような歩行者に優しい“まちの照明”を考えてほしい」。

 両者は、「建築家のあかりコンペ」を2007年から毎年開催しており、昨年第5回のテーマは「ミライのあかり、キボウのあかり」で、全国各地から106名の建築家の応募があり、被災に対する意識の高さと最新のテクノロジーを駆使した提案で多くの審査員の評価が群を抜いて高かったYong-Ho Shin氏が最優秀賞を授賞しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング