低価格・低ランニングコスト・省スペース・ハイパフォーマンスを実現したUV硬化型リキッドラミネーター「JetShield Laminator JS-13UV」8月22日発売!

@Press / 2012年8月10日 12時0分

ジェットグラフ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新藤 桂市)は、高機能と低価格を両立したUV硬化型リキッドラミネーター「JetShield Laminator JS-13UV」の販売を2012年8月22日より開始いたします。

UV硬化型リキッドラミネーターは、オンデマンド印刷物や写真印画紙に、紫外線(UV)照射により瞬時に硬化するリキッドをコーティングすることで、印刷物、写真印画紙の耐久性、質感の向上が小ロットでも簡単に行える後加工マシンです。オンデマンド印刷機の低価格化がすすむ中で、UV硬化型リキッドラミネーターにも初期投資を抑えながら、コストパフォーマンスに優れた製品へのニーズが高まっていました。

弊社では、マーケットの求める機能と低価格の両立を図るため、独自の設計と専用リキッドの開発を行い、A3+サイズ対応、低価格、低ランニングコスト、省スペース、ハイパフォーマンスを実現した「JetShield Laminator JS-13UV」を開発しました。

弊社は長年ラミネートビジネスに取り組み、印刷、サイン、POP、写真など様々な用途に適したラミネーターを開発、「JetShield Laminator JS-13UV」の他、水性リキッドラミネーター「JetShield Laminator JS-13IR」、上位機種並みの性能を低価格で実現したフィルムラミネーター「JetShield Laminator JS-55SHA/JS-63SHA」を販売しています。


■「JetShield Laminator JS-13UV」について

<特徴>
1.小型低価格
  ・標準価格198万円(税別)、超コンパクト設計なので、作業スペースも節約できます。
  ・消費電力も抑えた低ランニングコスト。
  ・ニス循環方式なので、ニスの無駄を削減します。

2.簡単操作
  ・2個の温調付ニス用タンクと洗浄液タンクを標準装備、短時間でニスの切り替えが可能です。
  ・上下ローラーが別々に駆動するダブルドライブ構造により、コーティングの最適条件が簡単に設定できます。
  ・コーティング条件の各種設定は、タッチパネルで簡単操作。

3.安全設計
  ・オゾンフリーランプを採用、オゾンの発生を作業環境基準の0.1ppm以下に低減します。
  ・給紙、排紙部分に紙詰まり確認センサーを標準装備、内部での紙詰まりの心配なく、ご使用いただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング