アトラシアン、アジャイルチームに最適な最新ツール『GreenHopper 6』を本日 8月15日にリリース

@Press / 2012年8月15日 10時30分

製品開発用コラボレーションソフトウェアのリーディングプロバイダー Atlassian Pty Ltd.(以下 アトラシアン、本社:豪州シドニー、CEO兼共同創業者:Scott Farquhar、Mike Cannon-Brookes)は、テキサス州ダラスで開催されているAgile2012 カンファレンス会場にて、本日 8月15日、アジャイルプロジェクト管理/計画システムの最新版『GreenHopper 6』を発表しました。新規ユーザーにとってもエキスパートにとってもアジャイル導入が簡単になりました。

『GreenHopper 6』ウェブサイト
http://www.atlassian.com/ja/software/greenhopper/whats-new

「Agile 2012カンファレンス」ウェブサイト
http://agile2012.agilealliance.org/


GreenHopperは、業界をリードする課題/プロジェクト管理システムJIRAに機能を追加するアドオン製品です。ソフトウェア開発チームが計画、管理、追跡を迅速に行い、高品質のソフトウェアを継続的にリリースできるよう支援します。この最新リリースでは、アジャイル方法論のスクラムとカンバンに対応するよう、ユーザーエクスペリエンスを洗練させ、見やすさを改良し、レポート機能を追加しました。それにより、チームやプロジェクト全体の「可視性」と「予測可能性」を向上させました。

「JIRA」ウェブサイト
http://www.atlassian.com/ja/software/jira/overview


「複数の長期的な投資の進捗をGreenHopperで簡単に追跡することができます」とWize Commerce社エンジニアリング担当副社長 Jeff Palmerは述べています。「GreenHopperは今年、アジャイルを組織に展開する上でとても重要なツールでした。カンバンとスクラムをサポートしているので、機能チームとサポートチームの両方が同じツールを利用することができます。」

「GreenHopperは非常に簡単に直感的に使えます」と、Riverside Publishing社アプリケーション開発ディレクター David Bennettは同意しました。「それは、私たちがアジャイル方法論を採用するために必要でした。」


■アジャイルの力を活用
『GreenHopper 6』は、分散したチームの開発速度を向上させ、コラボレーションを改善させる新しい機能群を以下のとおり追加しました。アジャイル計画の視覚的な力を活用できるようにします。

@Press

トピックスRSS

ランキング