日本初!『中国語能力(HSK)ネット試験』全国で正式開始!

@Press / 2012年8月21日 9時30分

株式会社建築資料研究社/日建学院(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:馬場 栄一)は、全国80教室以上で、今までペーパーベースで年4回、東京・名古屋・大阪・福岡で開催されていた中国語能力(HSK)試験を、日本初のインターネット試験として試験会場に最適な全国の個別学習ブース教室を提供します。回数も年に8回の実施で、地方の受験者にとってはとても便利になります。

中国教育部国家漢語弁公室(略称:中国漢弁)公認の『HSKネット試験』は、今後、中国との関係が密接化する中で、益々、重要な試験となってきます。

中国への海外展開を図る企業の人材育成に欠かすことのできない「HSK試験」をインターネット試験として開始することにより、受験を希望される方々にとっても、近場での受験が可能となります。また、より受験の機会が増えることで、自己の公式なレベル確認が簡易に可能となります。


【HSKネット試験について】
HSKネット試験は、日本国内では去る7月22日の日建学院池袋校での試験が初開催でした。当日の全受験生は54名。日本国内の『HSKネット試験』は現在「日建学院」のみ受験が可能です。

『HSKネット試験』では、1級~6級までの試験をオンラインで同じ教室で受験出来ます。
申込は受験日の10日前までに受験料も含めて、手続きを完了すれば、受験が可能です。
今後年内の『HSKネット試験』の日程は、9月8日(土)、10月21日(日)、12月2日(日)の3回で、いずれも全国80箇所以上の教室から受験会場を選ぶことが出来ます。

試験概要、受験申込は以下のURLでご確認下さい。
http://www.ksknet.co.jp/nikken/guidance/hsk/about/info.aspx

試験に関するお問い合わせは「HSKネット試験事務局」
TEL:03-3986-3621まで。
メールはこちら HSK.jimukyoku@mx1.ksknet.co.jp

HSKネット試験案内PDF: http://www.atpress.ne.jp/releases/29399/A_5.pdf


【HSKとは】
 中国語学習者のニーズに応じて、中国国家漢弁並びに中国国内外の中国語教育、言語学、心理学、教育測定学等の分野の専門家が、海外の中国語教育実践の現状を調査・分析し、HSKのメリットを活かし、国際言語評価研究の最新成果を参考した上で、新HSKを編成しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング