AHCC(担子菌由来培養抽出物)を用いた製品「イムノゴールドSS」及び「イムノエース」をアミノアップ化学から販売権引き継いでリニューアル発売

@Press / 2012年8月24日 9時30分

「イムノゴールドSS」/「イムノエース」
イムノサポート株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役:伊藤 成幸)は、製造・発売元であった株式会社アミノアップ化学(所在地:札幌市清田区、代表取締役社長:金澤 克明)から「イムノゴールドSS」及び「イムノエース」の販売権を受け継ぎ、正式な発売元となります。そして9月1日より、AHCC(担子菌由来培養抽出物)を用いた上記2製品をリニューアル発売することになりました。

AHCCは、がんや免疫について新知見が多数発表されている素材でアミノアップ化学が1989年に開発した歴史ある素材です。アミノアップ化学はAHCCのオリジナル製品「イムノゴールドSS」及び「イムノエース」の発売元として、全国の代理店に卸してきましたが、研究や開発を行う原料メーカーに徹したいという考えから、これらの末端製品の販売権を当社に引き継ぐことになりました。

当社は長年、「イムノゴールドSS」及び「イムノエース」の販売代理店として独自の販路で販売してきましたが、今後は病院、デパート、ドラッグストアなどの領域での展開など、新たなマーケット作りに挑戦していきます。

別の事業としては「がん・高度精密血液検診システム リスクチェッカー」を運営しています。がん予防や再発・転移予防を目指す人を対象とした免疫ドックで、癌の転移や血液検査の分野で実績を残しておりますので、併せて販売に力を入れていきます。

当社はこのような検診システムを長年運営してきたことで、がんや免疫に関することについて熟知していること、そして豊富な知識を持ち合わせたスタッフも揃っていることから、AHCC2製品の発売元になることになり、2製品はリニューアル発売となりました。


【「イムノゴールドSS」(90粒、9,300円(税別))】
ソフトカプセルタイプでAHCCを1粒当たり300mg(細粒換算)配合し、HSK乳酸菌を7.2mgを新たに加えました。これはAHCCに乳酸菌を加えることにより、AHCC単体より活性が高くなることから、オリジナル処方で仕上げました。


【「イムノエース」(30包、1万6,500円(税別))】
国内初の水に極めて溶けやすい粉末AHCCを採用しました。冷水に溶かして飲んだり、水無しでもそのまま口の中で溶解するため、飲みやすいタイプのため、様々な人が飲めるようにしました。


【イムノサポート株式会社 会社概要】
所在地:〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町10-11 日本橋府川ビル6F
資本金:1,000万円
代表者:代表取締役 伊藤 成幸
ホームページ: http://www.immunosupport.co.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング