TAGGY、オプト社とデータフィード最適化エンジンを共同開発 8月30日より「Multi Channel Publisher(MCP)」として、オプト社から販売開始

@Press / 2012年8月30日 11時0分

「Multi Channel Publisher」の仕組み
ディスプレイ広告市場にてデータオプティマイゼーション(最適化)サービスを提供する株式会社TAGGY(本社:東京都港区、代表取締役社長:石上 裕、以下 TAGGY)は、株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:鉢嶺 登、証券コード2389、以下 オプト)とデータフィード最適化エンジンを共同開発し、ECサイト向け商品データ自動最適化サービス「Multi Channel Publisher(MCP)、以下 MCP」として、本日8月30日よりオプトが販売を開始しました。


「MCP」は、TAGGYが持つWEBデータ二次活用の特許技術「JIZAIエンジン」(※1)(特許第4870809号、特許第4901985号)を組み込んだ国内初の商品データ自動最適化サービスです。これにより膨大な商品データを持つECサイトは、自らCSVやTSVデータを用意せずとも、さまざまな外部プロモーションチャネル(商品検索・比較サイト、アフィリエイトサイト、リターゲティング広告、等)に最適化されたフォーマットで既存商品データを転用することができ、WEB上での効率的な新規顧客獲得が可能となります。

(※1)「JIZAIエンジン」とは、
1.パターンクローリングによるデータ収集
2.データの意味解析による属性別インデキシング
3.データアウトプットの自動最適化
という3つの機能から構成されるWEBデータの効率的な二次活用を実現させるテクノロジー。


「MCP」は現在、商品検索・比較サイトのGoogleショッピングに加え、リターゲティング広告のcriteo、およびdeqwasに対応しています。今後も対応可能なチャネルを順次拡大していき、ECサイトの外部プロモーション効率化に貢献してまいります。


■「MCP」の仕組み
「MCP」は、ECサイト上の商品データをデイリーで収集・解析することで、各プロモーションチャネル指定のフォーマットに自動的に最適化します。もちろん在庫切れ商品などをデータから除外することも可能です。今まで手作業だったデータ更新が自動化できるため、作業コストの劇的な削減が可能となり、また1つのデータソースを多チャンネルで活用することで、新規顧客獲得の費用対効果が大幅にアップします。

「Multi Channel Publisher」の仕組み画像
http://www.atpress.ne.jp/releases/29546/1_1.png

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング