青梅加熱濃縮エキスの肝機能改善作用 多施設臨床試験による検証結果が国際医学雑誌に掲載

@Press / 2012年8月28日 11時0分

AdaBio株式会社(所在地:群馬県高崎市、代表取締役社長:足立 太郎、以下 当社)が手掛ける青梅加熱濃縮エキスの成分(MK615)を用いた多施設臨床試験の結果が、国際医学雑誌World Journal of Gastroenterologyに掲載(2012年8月21日)されました。

今回の報告は、日本における健康食品の代表ともいえる「梅」の作用を臨床試験で示したもので、梅の医薬利用素材としての可能性をより現実的にした大きな一歩と考えております。当社は、全国第2位の生産量を有する群馬県産の梅を活用し、梅の加熱濃縮エキスに関する加工食品を製造・販売して参りました。今回の研究報告を踏まえて、梅の加熱濃縮エキスに含まれる成分の医薬開発に向けた研究に注力してまいります。


【掲載内容】
今回の研究報告は、東京慈恵会医科大学 銭谷 幹男教授らの研究グループをはじめとする国内の3つの医療機関の共同による多施設臨床試験によるもので、『青梅加熱濃縮エキス(MK615)(AdaBio社製)』の肝機能改善効果ならびに安全性についての検討結果が報告されました。また論文では急性肝炎モデル動物を用いたin vivo基礎試験におけるMK615の肝庇護作用の検証結果と合わせて報告されました。

臨床試験では、インターフェロン治療が無効で、従来の肝庇護剤(*1)の投与でも十分な効果の得られないC型慢性肝炎患者、あるいは非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)(*2)患者等の慢性肝疾患患者を対象として、MK615(同成分を含む青梅加熱濃縮エキス飲料「ミサトールME」)を12週間飲用したところ、ALT(*3)値では58例中26例(45%)に、30%以上の改善(ALT値の低下)が認められました。AST(*4)値では58例中25例(43%)に同様の改善が認められました。特にC型慢性肝炎では40例中20例(50%)にALTの改善が見られました。また、観察期間中試験品の飲用に起因すると思われる明らかな有害事象は認められませんでした。

モデル動物を用いた検討では、MK615をあらかじめ経口投与したラットのグループと、生理食塩液を投与した対照グループに、D-ガラクトサミン塩酸塩の腹腔内投与によりそれぞれ急性肝炎を誘導し、その肝炎症状を比較する試験を行いました。D-ガラクトサミン塩酸塩を投与すると通常48時間をピークに急性肝炎様の肝障害が誘発され、血液中のALT、ASTが上昇します。対照グループに比べ、MK615をあらかじめ投与したグループでは、ALTとASTの上昇が抑制され、肝臓組織の炎症像も軽減されました。

@Press

トピックスRSS

ランキング