BIGLOBEがTwitterアプリ「ついっぷる」を活用した企業向けO2Oマーケティング支援サービスを提供~ 第一弾としてローソンのチェックインクーポンを配信 ~

@Press / 2012年9月4日 11時15分

スポット一覧
BIGLOBEプレスルーム
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/release/2012/09/120904-a


 NECビッグローブ株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:古関 義幸、以下 BIGLOBE)は、Twitterアプリ「ついっぷる」( http://twipple.jp/unlogin/ )のチェックイン機能を活用したO2O(オー・ツー・オー)マーケティング(注1)支援サービスを企業向けに提供します。

 第一弾は株式会社ローソンと連携し、“からあげクン(各種)”が半額(105円引き)になるチェックインクーポンを本年9月4日から10月3日まで、1万枚限定で配布します。「ついっぷる」上でローソン店舗にチェックインし、表示されたQRコードをローソン店内のLoppiにかざすことでクーポンを発券できます。本チェックインクーポンの発券・利用は全国のローソン店舗(9,558店:2012年7月末、「ナチュラルローソン」「ローソンストア100」除く)で可能です。

 「ついっぷる」は、Twitterの快適な閲覧や投稿を可能にするサービスで、1,000万人以上に利用されています(注2)。今回提供するO2Oマーケティング支援サービスは、「ついっぷる」のチェックイン機能を活用するもので、クーポン配布による実店舗への訪問を促進するものです。1枚ずつ異なる番号を採番したクーポンを配布できるため、クーポンが取得・利用された場所や時刻などの把握が可能です。

 さらに、今秋には「ついっぷる」のチェックイン履歴やクーポンの利用実績を活用した配布対象者のターゲティングを可能にし、より効果的なO2Oマーケティングを実現します。


 BIGLOBEが提供するO2Oマーケティング支援サービスの特長は以下の通りです。

1.クーポンの利用実績を管理できる
 従来のチェックインクーポンでは、同一のクーポンを一斉配信するため、取得した場所や時間を特定できないほか、利用回数が制限できないという課題があった。「ついっぷる」では、クーポン1枚1枚に異なる番号を採番しているので、クーポン毎に取得・利用された場所・時間などの利用実績を管理できる。また、1回限り、ひとり3回までなど、クーポンの利用回数の制限も可能になる。

2.実店舗の顧客データとの連携により、クーポンの効果を分析できる
 クーポンの取得・利用実績と、実店舗で収集したクーポン利用者の性別、年齢層、購入した商品などのデータを組み合わせることで、配布したクーポンがどの属性に対して効果があったかなどを分析できる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング