日本初上陸!中国SEINE社製A4モノクロレーザープリンター「PANTUM」 アシストが本体価格実質0円の新事業モデルで企業向けに9月1日より受注開始

@Press / 2012年8月30日 13時30分

 リサイクルトナー・OAサプライ品・機器販売の株式会社アシスト(本社:東京都中央区、代表取締役:矢野 和宏、URL: http://www.cs-assist.co.jp/ )は、2012年6月26日、中国SEINE社(中国レノボ投資出資企業)と同社製のモノクロレーザープリンター「PANTUM P2000」( http://www.pantum.com )を日本国内で独占販売する契約を締結し、企業のオフィス向けプリンターとして、同年9月1日より「PANTUM P2000」のレンタル受注を開始します。
 この度の新事業は、「PANTUM P2000」プリンター本体の価格は実質0円(レンタル)、消耗品のトナーカートリッジ1本(2,300枚仕様)8,295円(税込み)に設定し、企業向けに提供します。


【製品概要】
型番       :P2000
プリント方式   :半導体レーザー+乾式電子写真方式
印刷速度     :20枚/分(A4)
対応OS      :Windows2000/XP/2003/Vista/7
解像度      :1200×600dpi
インターフェイス :USB2.0 Full speed
ファーストプリント:約10秒
消費電力     :350/(スリープ状態)
給紙       :150枚(カセットトレイ)
本体サイズ    :380×260×237(mm) 約6kg(消耗品含)
最大用紙サイズ  :A4
消耗品      :トナーカートリッジPC110H(2,300枚仕様)
メモリ      :8M
本体同胞物    :電源コード、USBケーブル、ユーザーソフトウエアCD-ROM


 オフィス等で使用する書類のA4化が進んだことから、コンパクトなA4対応プリンターは増加しており、国内向け製造販売各社も対大企業向け、中小企業市場に向けてなど、小型のA4対応機の製品ラインアップを強化している傾向がうかがえます。

 アシストは、自社グループ工場で製造したリサイクルトナー、インクカートリッジをはじめとするプリンター消耗品を中心に、事務消耗品販売営業所を全国に直営7支店、フランチャイズ・チェーンで152拠点に展開し、顧客総数は140,000社を超えています。このような事業形態の特性を評価され、この度中国SEINE社と同社製のモノクロレーザープリンター「PANTUM P2000」の日本国内での独占販売契約を締結するに至りました。
 アシストは、企業向けプリンターの2台目需要を狙い、新しい事業モデルとして年間契約を条件に本体価格実質0円レンタル、消耗品のみ購入していただく形態で提供します。本事業モデルの概要は次の通りです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング