「大麦(もち大麦)」の食物繊維が、女性の内臓脂肪を低下させることを確認 ~ 株式会社はくばく エビデンスページを9月10日オープン ~

@Press / 2012年9月10日 14時0分

摂取後、内臓脂肪面積が減少
 精麦加工の最大手である株式会社はくばく(本社:山梨県南巨摩郡、代表取締役社長:長澤 重俊)は、大麦(もち大麦 ※1)の持つ食物繊維が女性の内臓脂肪を低下させることなどを試験により明らかにいたしました。その試験結果を踏まえ、9月10日(月)にエビデンスページをオープンいたします。

URL: http://www.mugigohan.jp/evidence

 なお、本試験結果は、2012年8月29日~同8月31日に開催されました「第59回日本食品科学工学会」にて発表しております。

※1 「もち大麦」:うるち種に比べ、粘りが強くモチモチした食感が特徴の大麦。粘りが強いため、うるち種に比べて、冷めてもあまり食味が低下しない性質を持つ。食物繊維含量がうるち種より豊富な特徴もあり、うるち種大麦の約9%に対し、「もち大麦」は13%を占める。


【試験概要】
試験方法:12週間、1日2食「もち大麦」入りの米飯を摂取
試験対象:「もち大麦」30%配合群 成人女性5名→「もち大麦」を30%配合した麦ごはんを摂取
     「もち大麦」50%配合群 成人男女各5名→「もち大麦」を50%配合した麦ごはんを摂取
     被験者はBMI25以上が対象


【試験結果概要】
■「もち大麦」を50%配合した米飯を摂取することで、BMIおよび腹囲周囲径が有意に減少。〈図1〉
■「もち大麦」の配合量については、50%配合群だけではなく、30%配合群においても有意差は無い。
 しかし、平均値において内臓脂肪面積が低下傾向にあることを確認。〈図1〉

〈図1 http://www.atpress.ne.jp/releases/29845/1_1.jpg


■女性50%群では、体重の減少効果も大きいことを確認。
「もち大麦」配合の米飯を摂取する前に比べ、2.0kg体重が減少している。〈図2〉

〈図2 http://www.atpress.ne.jp/releases/29845/2_2.jpg


【試験結果に対する考察】
●ダイエットだけではなく、メタボ対策効果も期待できる
 今回の試験結果により、男性・女性ともに「もち大麦」の摂取が有効であることが確認できました。大麦の機能性の一つとして、皮下脂肪面積よりも内臓脂肪面積の減少に対してより効果的であることが概報として報告されており、大麦(もち大麦)の食物繊維は、ダイエット効果はもちろんのこと、メタボリックシンドローム対策にも有効であることが考察されます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング