全4回連続シンポジウム「日本の美術教育を考える」を開催 ― 今の日本から世界のトップアーティストは育つのか? ―

@Press / 2012年9月14日 12時0分

東北芸術工科大学(所在地:山形県山形市、学長:根岸吉太郎)と京都造形芸術大学(所在地:京都府京都市左京区、学長:千住博)は、両校合同の外苑キャンパス(東京都港区)において、全4回の連続シンポジウム「日本の美術教育を考える」を開催します。

この企画は、1998年告示の学習指導要領改訂以来、小学校の図画工作や中学校・高等学校の美術の授業が大幅に削減され、美術を専門とする教員が初等・中等教育の現場から姿を消している現状に危機感を覚え、日本の今後のアートシーンを牽引する若手アーティストの育成・美術教育の道をオールジャパンで模索していこうとするものです。

初回となる10月3日は、「規格外サイズのアーティストが生まれる教育環境とは」と題し、現代美術家で東北芸術工科大学副学長の宮島達男をモデレーターに、脳科学者の茂木健一郎氏、現代美術家のやなぎみわとともに、日本の美術教育の現場に忍び寄る危機的状況と打開策について語り合います。
第2回は11月30日に現代美術家の大竹伸朗氏とともに、第3回は2013年1月9日にデザイナーの佐藤卓氏と写真家の杉本博司氏、第4回は2013年1月16日に建築家の西沢立衛氏と彫刻家の名和晃平とともに、現代美術家の宮島達男のモデレーションのもと語り合います。
ぜひこの機会に芸術教育に関わる多くの方にご来場いただきたく、事前広報および当日取材のお願いを申し上げます。

<facebook>
http://www.facebook.com/nihonno.bijutsukyoiku
<公式ホームページ>
http://www.tuad.ac.jp/nihonno


【開催概要(全4回共通)】
イベント名:東北芸術工科大学+京都造形芸術大学 連携企画
      全4回連続シンポジウム「日本の美術教育を考える」
時間   :19:30~21:00(予定/質疑応答の時間も含む)
      ※終了時間は予定で、内容により延びる場合もあります
会場   :京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス
住所   :東京都港区北青山1-7-15
参加料  :無料
事前申込 :不要
定員   :170名(当日先着順)
主催   :東北芸術工科大学・京都造形芸術大学


【内容・日時】

第1回「規格外サイズのアーティストが生まれる教育環境とは?」
2012年10月3日(水)19:30~21:00(予定)
◆茂木健一郎(脳科学者)
◆やなぎみわ(現代美術家/京都造形芸術大学 教授)
◆宮島達男(現代美術家/東北芸術工科大学 副学長)(モデレーター)

@Press

トピックスRSS

ランキング