ブライトコーブがマルチスクリーンでのコンテンツ配信を守るDRM技術「Widevine」のサポートと動画エンコーディングのワークフローを変える新サービスを発表

@Press / 2012年9月14日 13時0分

ブライトコーブ株式会社(所在地:東京都渋谷区、CEO兼代表取締役社長:橋本 久茂、以下 ブライトコーブ)および米国本社である Brightcove Inc.(NASDAQ: BCOV、以下 Brightcove社)は、オンライン動画プラットフォーム「Brightcove Video Cloud」(以下 「Video Cloud」)においてGoogle社のマルチプラットフォームDRM(デジタル著作権管理)技術である「Widevine」の利用開始を発表いたしました。
また同時に、オンデマンドおよびライブコンテンツの動画エンコーディングワークフローを加速し、効率化する重要な新サービスを発表いたしました。「Zencoder Instant Play(TM)」はファイルのアップロード処理が開始したわずか数秒後に、動画のオンデマンド再生を可能にする新しい機能で、動画の公開プロセスを大幅に加速します。「Zencoder Live Cloud Transcoding」は、コストのかかるライブ現場エンコーディングのハードウェアや専用アップリンク帯域に対する強力な代替手段となります。


■ Widevine
Television New Zealand社やLG Electronics社をはじめ、「Video Cloud」をご利用のお客様はすでに「Widevine」を活用し、2.84億台のテレビ、ブルーレイプレーヤ、セットトップボックス、ゲーム機を含む世界5.39億台超の「Widevine」対応家電機器に対し安全に配信、再生することができます。

Brightcove社は、広範囲にわたる研修、証明書、実地試験を必要とする包括的な集中プロセスであるCertified Widevine Implementation Partnerプログラムに参加、オンライン動画プラットフォームとしては初めてこれを完了し、「Video Cloud」での「Widevine」のサポートを提供することができました。「Video Cloud」をご利用のお客様は、市場でも最大規模のシェアを誇るDRM機能「Widevine」を利用することができます。

クラウド ベースの「Widevine DRM」は現在「Video Cloud」メディア アセットを取り込むプロセスに組み込まれています。コンテンツのオーナおよびライセンシは、プレミアム コンテンツを安全にアップロードし、それを「Widevine DRM」により暗号化、パッケージ化させることができます。一度パッケージ化されると、「Video Cloud」経由でアセットを配信パートナやコンテンツ配信ネットワークに配信し、PC、スマートフォン、タブレット、スマートテレビ、ゲーム機等、「Widevine」をサポートする消費者向け電子機器に配信することができます。

@Press

トピックスRSS

ランキング