ロンジン、「アーチェリー ワールドカップ ファイナル2012東京」のオフィシャルパートナーに就任! 2012年9月22(土)、23日(日)東京 日比谷公園 特設会場にて開催

@Press / 2012年9月19日 14時0分

アーチェリー イメージ
「エレガンスと革新の融合」をテーマに時計作りを続け、本年度創業180周年を迎えるロンジン(スウォッチ グループ ジャパン株式会社、本社:東京都中央区銀座)は、本年度シーズン最後の大会で9月22日(土)、23日(日)に開催される、アーチェリー ワールドカップ ファイナル 2012東京(以下、AWCF)の公式計時、また今期のワールドカップシーズンを通して、卓越したパフォーマンスを披露した選手に贈呈される「ロンジン プレシジョン賞2012」のタイトルパートナーに就任することを発表しました。

世界アーチェリー連盟(World Archery Federation)
http://www.archery.org/
公益社団法人 全日本アーチェリー連盟事務局
http://www.archery.or.jp/.


『‘Elegance is an attitude’~エレガンス、それは私の意思~』をブランドメッセージとするロンジン。


アーチェリー ワールドカップは、世界アーチェリー連盟(World Archery Federation / スイス ローザンヌ、略称・以下、WA)が主催する唯一の賞金大会であり、オリンピック、世界選手権とならび、世界のトップ・アーチャー(選手)が集い最高の技術を競う、国際大会のひとつです。国内では、1982年北海道帯広市ではじめて開催された、第一回アジア・オセアニア選手権大会以来、実に30年ぶりに開催される国際大会です。

ロンジンは3年連続でWA年間オフィシャルパートナーとして大会をサポートしており、また今回東京で開催されるAWCFの大会公式計時としてもサポートいたします。そして、WAの主催する、ワールドカップのシーズンの最終戦となるこの東京大会にて、年間を通し、卓越したパフォーマンスを披露した選手に贈呈される「ロンジン プレシジョン賞2012(Prize for precision of LONGINES 2012)」のタイトルパートナーの栄誉も担うこととなりました。

アーチェリー競技は、ロンジンが時計づくりのテーマとしている精度、伝統、エレガンスを表現するスポーツであり、アーチャーは集中力とバランス、正確性、そして技術を磨きながら弓と矢の操作を習得し、世界一の称号を目指します。

男女各1選手に贈呈される「ロンジン プレシジョン賞2012」の栄誉に輝いた2名には、トロフィーと大会公式計時である『ロンジン サンティミエ コレクション』、また5,000スイスフランの賞金が授与されます。

@Press

トピックスRSS

ランキング