17年間に及ぶ看板セミナー「石弘之の地球環境塾」最終講演 集大成となる今回は「脱原発社会&これからのメディアの在り方」がテーマ! ~10月13日(土)、カタログハウスの学校(東京都渋谷区)にて~

@Press / 2012年9月26日 14時0分

過去のセミナーの様子(石弘之 氏 講演風景)
 カタログ雑誌『通販生活』を発行する株式会社カタログハウス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐倉 住嘉)は、「カタログハウスの学校(カタログハウス本社:渋谷区代々木)」( http://www.cataloghouse.co.jp/study/?cid=pr )にて、セミナー『石弘之の地球環境塾「脱原発社会に向かって」小さな声を伝えるメディア』を10月13日(土)に開催いたします。

▲URL: http://www.cataloghouse.co.jp/study/schedule/T20121013001?cid=pr


【17年に渡る石弘之氏の環境セミナーシリーズ 最終回】
 「カタログハウスの学校」は1995年6月、石弘之(いし ひろゆき)氏の環境セミナーを皮切りにスタートしました。石氏には以来17年にわたって地球や日本の抱える環境、資源、災害、貧困などの問題を掘り下げていただきました。その回数は、石氏がザンビア大使として赴任された2年間のブランクをはさみ、今回で第31回を数えます。2010年からは、「石弘之の地球環境塾」と銘打って、現場で環境問題に取り組む方々をゲストに招き、ゲストともに都度のテーマについて語り合ってきました。その集大成として、今回は“メディア”をテーマに、これからの社会における情報(情報共有)の在り方について考えます。

 福島第一原発の事故以降、インターネットをはじめとした、従来のマスメディア以外の情報媒体の存在感が高まってきています。私たち生活者は、これからの社会において、“「小さいけれど重要な声」をいかに共有するか”、そして“「多様な情報」の中から何を取捨選択し共有すべきなのか”、を考えなければいけない時代となりました。
 最終回となる今回は、非営利のインターネット放送局「OurPlanetTV」の代表を務める白石草(しらいし はじめ)氏をゲスト講師に迎えます。「3.11」以降、マスメディアでは拾いきれなかった話題を配信し続けてきた白石氏の体験談も踏まえ、「脱原発社会」を実現するための、小さな声や多様な情報を共有できるメディアについて考えます。


【講師からのメッセージ】
■国内外で見続けてきた体験を踏まえた“メディア”への提言
 石氏は、人生の前半生を新聞記者として世界の環境問題の現場を取材して問題提起をつづけ、その後は大学研究者や外交官に転じ、マスコミの内部で起きていることとそれを取り巻く社会の両面を見てこられました。環境セミナーシリーズの集大成を迎えるに当たり、石氏からメッセージをいただきました。

@Press

トピックスRSS

ランキング