東京・中野のイタリアンレストラン「Barコングレッソ」 ~宮城県産の新品種トマト「すずこま」を活用したメニューを披露~

@Press / 2012年10月4日 10時0分

トマト料理一例
宮城県で農産加工品などの商品企画・小売業を行う株式会社いざなみ(本社:宮城県仙台市青葉区 http://www.iza-nami.com )は、10月17日(水)被災地を中心に宮城県各地から集めた食材を用いた試食会を開催いたします。
場所は東京・中野区の中野セントラルパーク(※)に10月5日にオープンするイタリアンレストラン「Barコングレッソ」で行います。


■宮城産の新品種トマト「すずこま」使ったメニューを提供
注目は今夏から宮城県で作付の始まった新品種トマト「すずこま」を活用したメニューです。このトマトは、高リコピン、低糖度を売りとしたヘルシー・トマトです。本試食会では、加熱調理をした場合の酸味と旨みが際立つ特徴を活かしたメニューを提供いたします。その他、石巻の有機栽培ササニシキを用いたリゾット、宮城県の旬の野菜と海産物をふんだんに使ったサラダ、金華鯖や松島の牡蠣を用いたメニューが提供される予定となります。
試食会は原則として招待者で行われますが、メディア関係者の参加を追加募集いたします。

また、それに先立ち10月16日(火)みやぎ野菜ソムリエの会による「すずこま」料理教室及び試食会が仙台市青葉区のエルパーク141のキッチンスタジオで開催されます。
後援は、地域のトップバッターとして今年の3月から「すずこま」生産を手掛けてきた農業生産法人有限会社アグリフューチャー(本社:宮城県大崎市鹿島台)。

(※)中野セントラルパーク ホーム・ページ
http://www.nakano-centralpark.jp/index.html


@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

新品種トマト「すずこま」

@Press

トピックスRSS

ランキング