『いじめのない学校・職員室のない学校』むさしの学園小学校にて、私立小学校のホントのところが聞ける「先輩お母さんによる座談会」開催

@Press / 2012年9月25日 10時0分

学校法人武蔵野学園 むさしの学園小学校(所在地:東京都府中市、校長:江幡 清彦)では、実際に当校に子どもを通わせている保護者の方に本音で、私立小学校の実態や、受験の経験を語っていただく座談会を10月4日に開催します。
兄弟姉妹がほかの学校に通っていたり、当初は、私立の受験を考えていなかったような方にご登壇いただき、「私立小学校の実際とは」・「小学校受験とは」というテーマで、ご参加の皆様にいろいろな情報をご提供します。


【開催の背景】
全国の小学生は、文部科学省によると、平成24年5月1日現在、6,764,638人。これは、戦後最多だった昭和33年(第一次ベビーブーム)のほぼ半分です。この「少子時代」に、数少ない子どものためには、少しでもいい環境を!イジメのない環境を!と、私立小学校受験を考えるという方もいらっしゃいます。
しかし、私立小学校の受験は、「お受験」という、半ば揶揄するような言葉からも察せられるように、一部の上流階級が、まるでブランドバッグを選ぶかのように学校選びをしているのではないか、という印象を持つ方もいらっしゃいます。
こういった現在の状況は、はたして私立小学校の実態を表したものなのかを確認していただく機会として、今回の座談会を開催する運びとなりました。


【開催概要】
日時: 2012年10月4日(木) 10:30~11:30
会場: 東京都府中市多磨町1-19-1 むさしの学園小学校
交通: 西武多摩川線 多磨駅下車 徒歩3分
    ※中央線から 武蔵境駅にて、西武多摩川線に乗り換え
    ※京王線から 飛田給駅にて、京王バス多磨駅行きに乗り換え、
     多磨駅バス停下車 徒歩3分
内容: 「子どもの個性に合った教育・環境とは」、
    「らしさが生きる環境とは」をテーマとし、私立小学校に通うことの
    実態について、保護者に本音を話してもらう。
    質疑応答や個別相談も可能。
申込: info@musashino-gakuen.com
    件名には、「10月4日参加希望」
    本文には、「参加者(保護者)のお名前とお子様のお名前と
    年齢・性別・学年」を書いて、上記アドレスあてE-mailで。
費用: 無料
主催: 学校法人武蔵野学園 むさしの学園小学校
    校長 江幡 清彦(えばた きよひこ)
担当: 青木 洋介(あおき ようすけ)
    info@musashino-gakuen.com
備考: 詳しい情報は、公式ホームページやブログでも紹介予定。
    公式ホームページ  http://www.musashino-gakuen.com/
    ブログ       http://www.edulog.jp/musashino-gakuen/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング