ビジネスサーチテクノロジ、ソーシャル動向分析サイト「炎上レーダー」を提供開始

@Press / 2012年9月25日 13時0分

炎上レーダー ロゴ
全文検索エンジンおよびソーシャルクローラを手がけるビジネスサーチテクノロジ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:城野 洋一)は、9月25日より、主要ソーシャルメディアにおける各アカウント※1の反響度がリアルタイムで探れる、ソーシャル動向分析サイト「炎上レーダー」( http://ej-radar.com/ )の運営を開始いたしました。


■炎上レーダー開設の背景
誰もが簡単に情報を発信できるソーシャルメディアの登場により、発信者の情報は一瞬にして世界に伝わるようになりました。また、発信者に対する「コメント・返信」や「リツイート・共有・シェア」などは、発信情報の反響度の大きさを示すものであるとも言え、それらの推移を見ることで直近の注目度の高い話題や出来事を見ることができるようになってきました。しかしながらインターネットのソーシャルコミュニティはいくつかに分散しており、どこでなにが起こっているかを総合的に知るには結局、複数メディアを横断的にチェックし人間の頭の中で再編集しなければなりません。そこで、主要ソーシャルメディアにおける各アカウントの反響度の動向を「炎上指数」として統一指数化した、各アカウントに対する世間の反響のトレンドが一目でわかる「炎上レーダー」の提供に至りました。


■炎上レーダーの特長
【主要なソーシャルメディア・ブログを網羅、統一指数化】
・Twitter、Google+、アメーバブログ※2に対応(2012年9月25日現在)。それぞれのアカウントに対する「コメント・返信」や「リツイート・共有・シェア」などのユーザーリアクションの加速度をリアルタイムに集計し、統一の指数とすることに成功しました。

【わかりやすいチャートで炎上をピックアップ】
・著名人などは通常時から反響の高い場合も多く、瞬間の指数だけでは炎上かどうか必ずしも判別できません。炎上レーダーは指数の推移をすべて記録しているので、期間を指定してチャート表示することで、通常時との指数の差異、指数が高騰した経過時間などから炎上を特定できます。

【反響の起因となった発言も特定】
・アカウントに対する指数だけでなく、明らかにリアクションが特定の発言のみに集中している場合、その発言の内容および指数もチェックできます。

【さまざまな角度からのランキング、解析が可能】
・「炎上指数」だけでなく、「時価総額」(フォロワー数(読者数)との積算による反響の拡散規模)、や「ROE」(フォロワー数で除算した1フォロワーあたりの反響感度)など様々な指標をランキング形式で提供。これまでにない価値測定が可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング