ユビキタス社、電力見える化クラウドサービス「Navi-Ene(ナビエーネ)」開始 ~“Internet of Things”分野でのスマートソリューション展開へ~

@Press / 2012年9月27日 11時0分

「Navi-Ene」サービスロゴ
株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三原 寛司、以下 ユビキタス社)は、「電力見える化ソリューション」の一環として開発した、クラウドサービス「Navi-Ene(ナビエーネ)」を一般ユーザー向けに、9月27日より開始することを発表します。「Navi-Ene」は、サンワサプライ株式会社(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:山田 哲也、以下 サンワサプライ)から同日に販売される、無線LAN内蔵電源タップ Navi-Ene Tap(ナビエネタップ)(開発時名称:iRemoTap)を購入したユーザー向けサービスとして提供いたします。

「Navi-Ene」URL: http://www.navi-ene.com


「Navi-Ene」は、家庭の消費電力情報を通じ、利用者のライフスタイルの見える化を実現するサービスです。Navi-Ene Tapと連携し、コンセントに接続された電気機器の消費電力量をクラウド上のサーバに蓄積、インターネットを通じて電力利用状況を参照することができます。また、毎日の生活で利用している電気機器の消費電力量を時間、日、月単位で確認することによって、利用者自身の生活パターンを見える化し、利用者がよりスマートに節電意識を高めていくことを狙いとしています。


今後は、「Navi-Ene」上で電気機器をグループ化し、利用用途にあわせたテーマごとに消費電力量を表示する機能や、「電力の見える化」を楽しく続けられるコンテンツサービスなどを提供する予定です。さらに、Facebook・Twitterなどのソーシャルサービスとの連携機能を追加するなど、様々なサービスを通じて利用者のライフスタイルの見える化を実現していく予定です。
また、2011年から電力見える化ソリューション分野で出資、協業を実施している株式会社Sassor(本社:東京都品川区、代表取締役:石橋 秀一、以下 Sassor社)の協力を得て、ユーザーが親しみやすいユーザーインターフェース・サービス内容の充実とより広範なサービス連携を模索していきます。


「Navi-Ene」は、ユビキタス社がエンドユーザー向けに提供するWebサービスの他、同サービスの事業者向けにOEM提供、企業社内システムへの導入や法人向けWebサービスを手がける企業様向けのシステムソリューションとしての提供も行なって参ります。これらサービスを合わせた事業収入として、既に2012年6月19日に発表済みの中期経営計画の通り、初年度で5,000万円、3年後に3億円(サービスプラットフォーム事業全体としては6億5,000万円)の売上を目指しております。
将来的には、「Navi-Ene」サービスに接続するためのインターフェース仕様の公開などを行い、「Navi-Ene」に対応した電源タップを開発したい事業者とのパートナーシップによる対応電源タップの拡充、Echonet Lite対応機器やスマート分電盤との連携など、宅内の様々な電気機器に幅広く対応した電力見える化ソリューションとして推進して参ります。

@Press

トピックスRSS

ランキング