『モバイルスタンプラリー』の販売好調につきシリーズを拡充 ニーズの多様化に応え、専用サイトを設置

@Press / 2012年9月27日 16時30分

株式会社PKBソリューション(所在地:滋賀県野洲市、代表取締役:山本 浩史)は、昨年から販売を開始したスマートフォン・ガラケー両対応の『モバイルスタンプラリー』を各種イベントなどで企画提案していただきやすいように、専用サイトを設置いたしました。

『モバイルスタンプラリー』
http://www.pkbsolution.co.jp/stamprally/


■ モバイルだからこそ実現可能なスタンプラリー企画

従来からの台紙にスタンプを押す方式のスタンプラリーでは、スタンプ達成時に全てのスタンプが押されていればスタンプラリークリアとなり、「いつ」「どこで」「どんな順番で」地点を通過されたのかを把握することができませんでした。『モバイルスタンプラリー』にすることにより、各地点に何人のお客様が通過しているかを数値で把握することが可能となり、今後のマーケティングにも活用できます。

また、地点の通過順序をシステムに事前設定しておくことで、あらかじめ設定された順番でお客様を誘導する仕組みも実現しました。これによりスタンプラリーの要素と宝探しの要素を複合化したイベント開催を行うことができます。

さらには、各地点で出題されるクイズに回答すればスタンプが付与される「クイズ形式スタンプラリー」や、スタンプを貯めることにより毎回、新たな情報や動的な画像を表示するといった従来型の紙面スタンプラリーでは、実現しえなかった新しい形のスタンプラリー企画が実現できます。

スタンプラリーで設定できる機能一覧は、下記ページに掲載
http://www.pkbsolution.co.jp/stamprally/function.html


■ WEBシステム形式で提供することの意味

昨今、スマートフォンでのイベントは、スマートフォン用アプリとしての提供が多い中、当社ではWEBシステムによるスタンプラリーを提供しています。
理由としては3つあります。

(1)「より多くのユーザーに楽しんでもらう」
スマートフォン利用者は、8割を超えたといわれています。しかし、現在もガラケーを利用しているユーザーは多く存在します。スマートフォンアプリで提供した場合、ガラケーのユーザーは参加できなくなりますが、当社はこれを防ぎ、より多くの方にキャンペーンへ参加して頂くことを考えています。またこれはイベントを企画する側である主催者の意図を反映したものです。

(2)「開発コストの削減」
開催プラットフォームをスマートフォンアプリとした場合、通常は、iPhone版及びAndroid版の2種類を用意する必要があります。これは、制作コストの上昇に繋がります。当社では、WEBシステムをプラットフォームとすることで、開発コストを低減し、より多くのクライアントへ提供できる方式をとっています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング