株式会社BIGFACE(東京都中央区銀座)、ゲーム番組『カルコロン』(フジテレビ)放送と同時に専用スマホアプリをリリース

@Press / 2012年9月27日 13時0分

2012年9月27日、株式会社BIGFACE(東京都中央区銀座、代表取締役:水野 英明、以下 BIGFACE)は、同日深夜(24:35~26:35)フジテレビにて放映されるゲーム番組「カルコロン」をベースにしたスマホアプリを、iPhone版、Android版同時にリリースします。

BIGFACEは設立以来、日本国内におけるテレビ番組の企画制作を事業の主軸としながら、アニメ・ゲーム作品などのライセンシング、WEBデザイン、スマホアプリ開発、そして番組企画のフォーマット化、海外展開へと業域を多角的、多面的に広げてきました。ゲーム番組に関しては、今月度よりフジテレビ系列にてレギュラー化が決定した「ヌメロン」の企画制作をはじめ、同番組をベースにしたスマホアプリの開発・配信も行なっており、従来のメディアやテレビジョン・エンタテインメントの範疇を超越したスキームが業界内外より注目を集めています。スマホアプリはFacebookによるログインを可能とすることで、プレーヤーのインタラクティブ性を担保し、ソーシャルメディアを中心に好評を博しています。

今回のリリースは番組放映と同日に行うことで話題性・迅速性の向上を図っており、また「カルコロン」は今回が2回目と放映回数が少ないことから、今までに類を見ない試みとなっています。iPhone版、Android版の同時リリースも業界では珍しく、BIGFACEはこのようなユーザーニーズ反映に向けた取り組みを通して、今後ますます従来のメディア(テレビ番組)とスマホアプリに代表される新たなメディア体験との相乗効果を生み出していくことを企図しています。

ゲーム番組「カルコロン」のルールに準拠し、与えられた数字と記号のカードを使って、一の位が“0”となることを条件に、最大の数式を作ることがねらいです。なお、中には一の位が“0”にならない組み合わせも存在するため、その場合はそのことをいち早く判断する必要があります。ただし、番組とは異なり、複数のプレーヤーで対戦するモードはなく、タイムトライアル形式にてシングルプレーヤーで挑む仕組みとなっています。

ゲームモードは「トレーニング」と「チャレンジ」の2種類が用意され、前者で練習をしたうえで、後者でのタイムトライアルに挑むことができます。「チャレンジ」では全部で5問が出題され、5問正解までのクリアタイムを競います。ただし、一問でも間違えると、その時点でゲーム終了となります。「トレーニング」においては数式などの難易度が選択できるため、子供でも遊びながら算数の勉強をするなど、教育目的に活用することが可能です。ランキングに関しても、全プレーヤー内での「全体ランキング」、自身の過去タイムと比較する「マイランク」、さらにはFacebook経由で友人と競い合う双方向的な「Facebookランキング」と、多彩な3種類を実装しています。


対応OS :iPhone(iOS)およびAndroid
課金制度:¥85(iPhone)、¥104(Android)での売り切りモデルにて配信


■Title
BIGFACE Co., Ltd. (located in Ginza, Chuo-ku, Tokyo, Japan) will release a smart phone app based on the TV game show “Calcolon” (broadcasted on Fuji Television Network), in sync with the show’s airing

On September 27th, 2012, BIGFACE Co., Ltd. (located in Ginza, Chuo-ku, Tokyo, Japan; representative director Hideaki Mizuno; BIGFACE below) will release simultaneously iPhone and Android editions of a smart phone app designed by BIGFACE on the very day the TV game show “Calcolon” will be aired on the Fuji Television Network, which the app is based on.

Whilst planning and production of Japanese domestic television programs remains to be the core business of BIGFACE, we have expanded our sphere multi-dimensionally to license management of animations and games, web design, smart phone app development, format development and international distribution of television programming concepts. In the milieu of game shows, BIGFACE is the producer of a vast array of shows such as “Numeron”, which will grow to be a regularly aired program starting this month. We are also developing and distributing a smart phone app based on this show, leading us to be renowned for our unprecedented business approach which transcends conventional boundaries of media and television entertainment, both from inside and outside the industry. This smart phone app features interactivity between the players by enabling a Facebook log-in system, which is highly acclaimed especially in viral forms on social media.

This release is definitely an unparalleled feat achieved by BIGFACE, with it taking place on the exact day the TV show will air to boost popularity and swiftness. Simultaneous releases of both iPhone and Android editions of smart phone apps are rare in the industry, which explicates the company's effort to address user needs to the maximum. We aim to bolster this stratagem even further by continuing to intensify the creation of synergy between conventional media (TV shows) and new media experiences represented by smart phone apps.

The aim of this smart phone game is to, alike the TV game show “Calcolon”, create a mathematical equation which produces the largest number ending in ”0” (e.g. 580 is superior to 90) with your given cards featuring numbers and mathematical symbols. However, there is also a possibility where you cannot make a number ending in “0” with your given cards, which you must distinguish quickly. This app does not work with multiple players as the show does, but compares the time it took each player to formulate an answer.

There are two modes of game play: “training” and “challenge”. After practicing with the “training” mode, you can compete based on your completion time of five questions with the latter. The game ends if you even make one mistake. “Training” can also be used educationally, such as to improve your child’s mathematical skills, since the difficulty of questions can be adjusted. There are also three types of ranking for your time available: an overall ranking where you can compete with other players using the app, a ranking of your own personal time history, and an interactive “Facebook Ranking” where you can challenge your community of friends via Facebook.

OS compatibility: iPhone (iOS) and Android
Monetization: A one-time purchase of the app for 85 JPY (iPhone) or 104JPY (Android) is required

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング