<2012年度グッドデザイン賞>受賞『エアムーブ工法』・『タイト・モールド』の2作品 自然エネルギーを活用した省エネ・エコ住宅創りを提案(開発:司グループ)

@Press / 2012年10月2日 10時0分

エアムーブ工法イメージ
群馬県沼田市の司グループ(司建設株式会社、司コーポレーション株式会社)は「想いは、人へ、環境へ。」を企業理念とし、人にも環境にも優しい住宅創りを提案しております。この度、数々の特許を以て自然エネルギーを利用する事を可能にした省エネ・エコ住宅『エアムーブ工法』と、基礎工事に革新的な提案を行った基礎断熱型枠『タイト・モールド』の2作品が公益財団法人日本デザイン振興会主催「2012年度グッドデザイン賞」を受賞いたしました。

特に『エアムーブ工法』においては未来を示唆するデザインとして「グッドデザインベスト100」にも選出され、特別賞候補となっております。震災以降、省エネへの国民意識が高まると共に、原発事故で『エネルギーを作る代償』がどれだけ大きい事か誰もが痛感したものと思います。それにより必然的に求められるようになったパッシブ住宅。今回受賞の2作品は、『自然エネルギー』を活用したパッシブ住宅の為の工法と、そこに欠かすことのできない基礎断熱施工の為の型枠であり、当グループが長年にわたり開発してきた製品です。


◎受賞概要
【エアムーブ工法】
エアムーブ工法は、家の周囲に存在する未活用な太陽熱や空気の流れなどの自然エネルギーを最大限活用する省エネ・エコ住宅工法である。現在の主流は断熱材や気密材で室内を包み込み、冷暖房機に頼る空調で機械的に快適空間を作る事だが、エアムーブ工法は、“なぜそこまで外界と隔絶する必要があるのか? 自然はすぐそこにあり、まだまだ有効活用できる。”という考えのもと、これからの住宅づくりに必要な、環境に対してダメージが少ない自然エネルギーを使ったパッシブ住宅工法である。

エアムーブ工法 イメージ:
http://www.atpress.ne.jp/releases/30385/A_1.jpg

<審査委員の評価>
通常、木造住宅は、内外に開放的で「夏を旨とする」住宅に相応しいと考えられている。しかし、現実にエネルギー消費が大きくなるのは、夏期ではなく冬期であることはあまり知られていない。消費エネルギーを抑えながら一年を通じて快適な住宅をつくるには 1) 断熱性と気密性を上げ、2) 熱容量を確保し、さらに 3) 換気と通気によって、自然エネルギーを活用することがもっとも効果的な方法である。本提案は、木造住宅を基礎を含めて外断熱し、断熱材の外側と内側に通気層を確保し、簡単な部品を組み込み、夏期と冬期の空気の流れをコントロールすることによって、上記3つの条件を達成しようとしている。これに夏期と冬期の直射日光の制御を加えれば、完全なサステイナブルな住宅になるだろう。簡単な部品によって複雑な気候制御を可能にした射程距離の極めて長い提案として、高く評価したい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング