日揮情報システム、DBアーカイブソリューションIBM(R) InfoSphere Optim(TM)を提供し、データライフサイクル管理ビジネスを拡大

@Press / 2012年10月3日 9時30分

日揮情報システム株式会社(本社:横浜市西区、代表取締役社長:中島 昭能、以下 J-SYS)は、IBMの情報ライフサイクル管理製品である「InfoSphere Optim Data Growth Solution」(以下 Optim)を2012年10月3日より販売開始し、企業の膨大なデータを効率的に運用するためのサービスを合わせて提供開始いたします。


ビッグデータが注目されている昨今、この潮流は基幹系システムにも波及し、生産や販売・在庫・会計などシステム化された企業内のデータは、日々蓄積され続けており、これらの大量データの有効活用や運用コスト削減は、重要な課題となっています。さらに、コンプライアンス確保という側面からも、過去の取引データの長時間保持によるデータ量増加は、蓄積された膨大なデータを安全に保持し、迅速に参照できることが必要とされています。このデータの巨大化は、バックアップ時間の増加、パフォーマンスの悪化などメンテナンスコストの増加にもつながり、システム維持は企業運営に直接影響が及んでいます。

Optimは、効率的なデータ運用を行うための情報ライフサイクル管理ソリューションであり、システム内のデータを用途や参照頻度に応じて、適切な場所に保管することで、データ量増加に起因する様々な問題を解決しながらも、保管したデータの信頼性を保つことが可能となります。
一方J-SYSは、データベース設計ツール販売及びデータモデリング技術のノウハウを持ち、特にOracleデータベース及びOracle(R) E-Business Suiteの豊富な運用実績を強みとしています。J-SYSは、この優位性とOptimの高機能性を活用し、「データベース可視化サービス」を展開します。

「データベース可視化サービス」とは、データベース設計ツールを用いて、データベース及び基幹システム(ERPシステム等)のデータ構造を可視化するサービスです。Optimを利用したデータアーカイブでは、データ間の関連を明確化することが重要であり、「データベース可視化サービス」によって明確化されたデータベースのデータ関連情報を用いて、アーカイブ設計の効率化を実現できます。これによって、ブラックボックスとされていたERPシステムの標準アプリケーションとアドオン部分を完全に可視化することができ、本番環境で利用頻度の低いデータのみを業務上の関連性を持った状態でアーカイブすることが可能となります。Optimのデータアーカイブで軽量化されたシステムは、レスポンスが向上するとともに、データベースのサイズを縮小することによる管理やストレージにかかる手間とコストを削減できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング