1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

英国の伝統校リーズ大学から世界的に著名な教授が来日 特別公開授業で週末だけのイギリス大学留学体験

@Press / 2012年10月10日 9時30分

講演風景(イメージ)
留学サポートや英語学校事業など、留学のトータルサポートを提供するBEO株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ポール・テイラー[元ブリティッシュ・カウンシル マレーシア エデュケーション ディレクター]、以下beo)は、英国国立リーズ大学(University of Leeds)教授による2日間[2012年11月10日(土)、11日(日)]の特別公開授業を新宿、大阪で開講することを発表。受講申し込みの受け付けを開始しました。

プログラム詳細: http://www.leeds.jp/dev-lecture.html


著作物を多数記し、BBCラジオ/テレビ、ニューヨークタイムズなど世界のメディアに頻繁に登場するリーズ大学の教授を迎え、開発学(*1)に携わっている方、興味のある方には必須の話題「国連ミレニアム開発目標」について、週末だけのリーズ大学 開発学 特別授業を開講します。現地の授業そのものである、この講座を修了すると、リーズ大学から正式な「Certificate(修了証)」を受けることができます。

beoがこれまで海外大学との共同で開講してきた特別プログラムは、現地大学とのライブ中継による授業を日本で受講するものでしたが、今回のリーズ大学の特別公開授業は、教授が来日し、beo東京オフィス(新宿)の教室で授業を行います。教授を目の前にして生の授業を受けられるため、受講生とのやり取りの中で白熱した、活発な授業が創造されます。


■世界的評価の高いリーズ大学
リーズ大学は1904年設立、イギリス国内でも歴史の古い伝統校であり、研究と教育の質の高さは世界的に評価されています。イギリスの研究活動評価「RAE2008」では国内14位の実績、そしてイギリス版アイビーリーグと称されるラッセルグループの一員であることも、リーズ大学が研究型の大学である証となっています。


■世界的に著名な教授 Professor Duncan McCargoによる特別授業
東南アジア政治の専門家であるDuncan McCargo教授は、イギリスのBBCラジオ/テレビに定期的に出演、ガーディアン紙やエコノミスト紙などにも記事を執筆したり、ニューヨークタイムズ紙やUSA Today紙にも取り上げられたりする著名な学者です。世界的な教授による生の授業を受けることができます。


■開発学の現場で活躍するJICA職員による特別講義も実施
国際協力機構(JICA)職員として、カンボジアやタイで発展途上国支援の現場を経験してきたリーズ大学開発学部の卒業生が、現場の状況や現実について1時間の講義を行います。実践的な知見を得ることで、2日間で習得する理論を補足することができます。


■リーズ大学 特別公開授業「国連ミレニアム開発目標の理解」概要
コース名 : リーズ大学 開発学 特別公開授業
       Key Issues in Development Studies: Understanding the UN Millennium Development Goals
開講場所 : beo東京オフィス(地図)
       http://www.beo.co.jp/aboutbeo/access/tokyo.html
       beo大阪オフィス(地図)
       http://www.beo.co.jp/aboutbeo/access/osaka.html
       ※大阪では、ビデオ会議システムを通じて、東京の授業をライブ中継します。
日時   : 2012年11月10日(土)~11月11日(日)各日10:00~17:00
講師   : リーズ大学 教授 Professor Duncan McCargo
対象者  : 開発学/国際関係学/平和学などの分野で海外留学をお考えの方、
       開発分野に関する学業/仕事に携わり、アカデミックな知識を増やしたい方、
       開発学分野への転向を考えている方、海外の大学院の授業を体験してみたい方 等
受講者特典: コース修了者にはリーズ大学からCertificate(修了証)が授与されます
授業料  : 優待価格(*2) ¥96,000(税込)/一般価格 ¥116,000(税込)
       ※諸設備費別途¥5,000
       (*2)対象者:beoの留学サポートをお申込みの方、
       または、beoカレッジで一般コースを受講したことがある方

(*1)開発学:発展途上国の貧困解消や、国家間の開発援助政策を研究対象とする学問。イギリスの歴史と密接に関連し発展してきたため、イギリスは開発学の本場ともよく称され、国際機関・NGO・政府機関などでの活躍を目指す人の留学先として人気が高い。


■受講申込みについて
申込み方法        : リーズ大学日本語サイト、またはお電話(03-5367-3315)にてお申込みください。
リーズ大学日本語サイト  : http://www.leeds.jp/
申込み受け付け開始    : 10月1日(月)~


<BEO株式会社>
BEO株式会社は、「国際教育」と「国際社会で活躍できるキャリア」を支援するため、留学サポートサービス、英語学校事業、キャリアコンサルティングなどの留学トータルサポートを展開しています。日本と海外との架け橋の役割を担うbeoは、全ての方が適切な教育を選択し、ご自身の夢を実現され、「最高の自分」を目指せる環境創出を目指しています。
URL: http://www.beo.co.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

リーズ大学 Duncan McCargo教授

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング