お出かけ前のコミュニケーションチェック体験版完成 無料公開

@Press / 2012年10月10日 16時0分

写真1
一般社団法人日本コミュニケーションプロフェッショナル協会(本部:福井県、支部:東京都新宿区、代表理事:菅原 藤理)は、5月よりスタートしているコミュニケーション基礎力の講座学習と検定を行う、JACP認定資格「日本コミュニケーション基礎検定(R)」の受講者300名突破を記念し、インターネット上で誰もが無料で体験参加できる「お出かけ前のコミュニケーションチェック」を制作し、10月10日よりJACPホームページ上で公開したことを発表いたします。

また、東京都新宿にある新宿NSビルを会場に2012年11月11日(日)「秋季特別検定」(就職活動学生を対象にTwitter「就活生に知られたくないっ!」フォロワー5万人の協力)を開催決定。2012年11月12日(月)には「秋季一般検定」(一般社会人・学生・就活生対象)を開催決定することになりました。
申込みはいずれも2012年10月18日(木)より受付開始いたします。


【提供の背景】
今や現代おいて、「家庭・企業・学校におけるコミュニケーションとは何かという定義の必要性」を提起している当協会 菅原 藤理代表理事。コミュニケーションそのものをそれぞれが曖昧なものとし、しっかりとした定義を持たず、個人の能力領域に任せ逃げていた責任が、現代社会全体に及んでいると警笛を鳴らしています。
当協会では、そのコミュニケーションの原点と言うべき「基礎力」を社会背景・原因・理論・そして方法論から実践できるまでを「意識」1つで変えていくことで、人と接する意義と大切さ、更にはその実践方法を提供しています。

今回初めての方でも、よりコミュニケーション基礎を体感・身近に感じ、また実際に役立つものの1つとして「お出かけ前のコミュニケーションチェック」を制作、映像化することに成功。
いかにデジタルツールに依存しているかを体験をもって知る機会にしていただき、コミュニケーション基礎の大切さを感じてもらいたいと、無料にて当協会ホームページ上で体験できます。
今後様々なツールを順次発表する予定。

(参考)
現代人の生活習慣やコミュニケーションツールの多様化は、私たちの生活を豊かにする反面、大切なものを忘れさせ、退化させていると言っても過言ではありません。特に言葉の表現方法が多いとされる日本人にとって、ボタン1つで記号マークを送受信し合い、ネットワーク上で人と繋がることが当たり前と思う感覚が無意識のうちに始まっていることはそれを裏付けるものです。
すでに当協会検定受講者の8割が「少しでも人と繋がることが面倒と感じる」と心理アンケート調査で判明し、その後受講検定後、9割がコミュニケーション基礎力を回復改善され、1級取得されています。

@Press

トピックスRSS

ランキング