1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

損害保険ジャパン・日本興亜損害保険 自動車運転者向けアプリ「Safety Sight」Android版をリリース 

@Press / 2012年10月15日 15時0分

前方車両接近アラート
株式会社損害保険ジャパン(社長:櫻田 謙悟、以下「損保ジャパン」)および日本興亜損害保険株式会社(社長:二宮 雅也、以下「日本興亜損保」)は、8月にiPhone版アプリとして公開した「Safety Sight(セーフティサイト)」のAndroid版を開発し、10月15日より無料で提供を開始しました。
Android版は、新たにアプリ起動時に「安全運転」を声で呼びかける機能を追加するとともに、埼玉県警察と連携し、埼玉県の交通標語を同県内でのアプリ起動時に通知する機能を搭載しました。(※)
今後も、安全運転の支援と事故軽減に役立てる機能を搭載していくとともに、安心・満足につながる高品質な商品やサービスの提供を通じて、お客さまから選ばれる保険会社を目指します。

(※)スマートフォンのGPS機能を利用しています。なお、埼玉県以外でも各都道府県固有の安全運転に関するメッセージを発信していくことを検討しています。


1.開発の背景
自動車重大事故の社会問題化をきっかけとした事故防止意識の向上や、携帯性・利便性の高いスマートフォンの普及に伴い、8月にiPhone版アプリ「Safety Sight」を提供し、App Storeのユーティリティ無料部門で1位を獲得するなど、大変好評をいただきました。Android版の公開にあたっては、新たにアプリ起動時に「安全運転」を声で呼びかける機能を追加するとともに、埼玉県警察の協力のもと、同県警が推進する交通標語を啓蒙することで、さらなる安全運転支援に寄与できると考え、交通標語の通知機能を新たに搭載したAndroid版アプリ「Safety Sight」(無料)を共同開発しました。


2.新アプリ「Safety Sight」Android版の概要
(1)提供開始日
2012年10月15日(月)

(2)提供対象者
Android版スマートフォン(※)ご利用のお客さま
損保ジャパン、日本興亜損保のご契約者以外の方もご利用いただけます。

(※)2012年10月15日現在、AndroidOS2.2以降のスマートフォン(タブレット端末は非対応)でご利用可能ですがAndroidOS2.3以降かつ1GB以上のRAMを搭載する端末でのご利用を推奨しています。
(※)機種によってはご利用いただけない場合があります。

(3)入手方法
Google社の「Google Play」から無料でアプリをダウンロードいただけます。
以下のURLからもご案内しております。
「Safety Sight」公式サイト: http://www.sompo-japan.co.jp/safetysight_app/

(4)新アプリの機能
<前方車両接近アラート・前方車両発進お知らせ>※業界初
運転中の前方映像の解析(形状、大きさ等)により、スマートフォンが前方車両との車間距離を認識し、前方車両の接近時や発進時に音声でお知らせします。

<【NEW!】交通標語通知>
アプリ起動時に安全運転の呼びかけを音声で行います。また、埼玉県内で起動した際は埼玉県警察の推進する交通標語「車間距離は2秒以上とりましょう。ゼロ・イチ・ゼロ・ニ」を音声で通知します。

※0102(ゼロ・イチ・ゼロ・ニ)とは、埼玉県警察が推奨する「ゆとり車間距離2秒以上」を計る数え方で、これにより追突事故を防ぐことができるほか、視界が良好となるため、急な飛び出し等にも十分対応できるものです。

<安全運転診断>
運転中にスマートフォンが感知した揺れや位置情報、前方映像の解析により、速度・急加速・急ブレーキ・車間距離等のデータを検知し、安全運転診断を実施します。

<走行履歴>
走行したコースの地図や距離、時間、速度、急ブレーキ地点などの履歴を確認できます。

<ドライブレコーダー>
運転中にスマートフォンが急ブレーキや衝突などの衝撃を感知した際に、衝撃の前後数十秒、前方の映像を自動的に録画・保存します。
録画後は警察や救急の連絡先および損保ジャパン、日本興亜損保の事故連絡先が表示されます。また、任意に録画することも可能です。

<トラブル解決術>
ガス欠やパンク、バッテリー上がりなど、自動車に関するトラブルの対処法を専門家がわかりやすく解説します。

<トラブラナイザー>
アプリ起動・終了時に周辺の施設(空港、高速SA・PA、道の駅、ゴルフ場など)に関連するトラブル解決術を通知します。

*「前方車両接近アラート・前方車両発進お知らせ」「安全運転診断」「走行履歴」「ドライブレコーダー」は株式会社カーメイト(社長:村田 隆昭、URL http://www.carmate.co.jp/ )の技術協力により開発した機能です。

(5)新アプリ・画面イメージ
・前方車両接近アラート
http://www.atpress.ne.jp/releases/30713/1_1.jpg
・安全運転診断
http://www.atpress.ne.jp/releases/30713/2_2.jpg
・トップ
http://www.atpress.ne.jp/releases/30713/3_3.jpg
・ドライブレコーダー(再生中)
http://www.atpress.ne.jp/releases/30713/4_4.jpg


3.埼玉県警察からのコメント
埼玉県警察では、交通事故防止をより効果的に推進するため、趣向を凝らした様々な対策を実施しているところです。この度、アプリを配信している損保ジャパン、日本興亜損保と協働させていただくことで、埼玉県警察の推奨する「ゆとり車間距離「0102運動」」も併せて広めていただき、一体となって県内の更なる交通事故総量の抑制を目指していきます。


4.今後の展開について
「Safety Sight」は埼玉県以外でも各都道府県固有の安全運転に関するメッセージを発信するなど、地域ごとに特色のある交通安全予防策の検討を進めてまいります。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

安全運転診断 トップ ドライブレコーダー(再生中)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング