リチャード・ブランソンやハワード・シュルツがメルマガに参戦! 講談社が新タイプの電子マガジン「現代ビジネスブレイブ」を創刊 New York Times記事や田原総一朗、岩瀬大輔など豪華執筆陣のコラムがメールで届く

@Press / 2012年10月15日 12時0分

 株式会社講談社が運営するビジネスパーソン向けWebメディア『現代ビジネス』( http://gendai.ismedia.jp/ /編集長・瀬尾傑)は、2012年10月15日、新タイプの電子マガジン『現代ビジネスブレイブ』を発売します。

 ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追求する『現代ビジネス』が、このたび、まったく新しい電子メディア『現代ビジネスブレイブ』を創刊します。これまで日本にはなかったタイプのクオリティマガジンを、デジタルの世界で実現します。

 イェール大学教授の浜田宏一氏、ジャーナリストの田原総一朗氏、佐々木俊尚氏、ライフネット生命副社長の岩瀬大輔氏らに加えて、リチャード・ブランソン(ヴァージングループ会長)、ハワード・シュルツ(スターバックスCEO)、New York Times掲載コラムなどワールドワイドの執筆陣が、読者に刺激的な情報を毎週お届けします。自ら行動し、新しい価値観を創造する人のためのヒントになる情報源になると確信します。

 配信は、株式会社日本ビジネスプレスが展開するデジタル・コンテンツのセレクトショップ『イズメディア・モール』( https://mall.ismedia.jp/ )を通じて行います。申し込み受付は10月15日(月)より、配信は10月19日(金)より開始します。またダブレットや電子書籍リーダーにも対応し、近くEPUBでの配信も開始する予定です。


『現代ビジネスブレイブ』の構成と購読スタイル

 『現代ビジネスブレイブ』は、その内容だけでなく、購読スタイルでも新しい提案をしています。
 この新しい電子マガジンは、『リーダーシップマガジン』、『グローバルマガジン』、『イノベーションマガジン』という3つのメールマガジンと、それらをすべてまとめた『コンプリートマガジン』から構成されます。読者は、『コンプリートマガジン』としてお得なセット料金でお読みになれるほか、お好みのマガジンだけの購読を選ぶこともできます。( https://mall.ismedia.jp/category/select/pid/8844 )

■『コンプリートマガジン』月額980円(税込)
 以下の3つのメールマガジンをセットで購読できます。3つのマガジンがそれぞれ週に1回ずつ、あわせて週3回、配信します

■『リーダーシップマガジン』火曜日配信、月額630円(税込)
 ヴァージングループ会長のリチャード・ブランソン、スターバックスCEOのハワード・シュルツや、元グーグル日本法人社長でアレックス代表の辻野晃一郎、ライフネット生命副社長の岩瀬大輔らベンチャー精神にあふれたカリスマ経営者たちが、起業やマネジメントの極意を明かします。

■『イノベーションマガジン』水曜日配信、月額630円(税込)
 イェール大学教授の浜田宏一はじめ、田原総一朗、長谷川幸洋、佐々木俊尚ら気鋭のジャーナリストたちが、独自の視点で日本の変革について書き下ろします。

■『グローバルマガジン』金曜日配信、月額630円(税込)
 米国を代表するクオリティペーパーNew York Timesの特選記事や、ノーベル賞受賞の経済学者ポール・クルーグマン執筆の翻訳記事など、世界視点からの情報を発信します。


講談社『現代ビジネス』( http://gendai.ismedia.jp/ )

 『現代ビジネス』は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届けるWebメディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及しています。

『イズメディア・モール』( https://mall.ismedia.jp/ )

 『イズメディア・モール』は、株式会社日本ビジネスプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菅原聡)が運営するデジタル・コンテンツのセレクトショップです。注目の人の活動報告や、誰もが知りたがっているテーマの詳細レポートなどを、メルマガから動画解説まで多様な形式で提供しています。
 講談社では、『イズメディア・モール』を通じて、すでに「古賀茂明と日本再生を考えるメールマガジン」などのメールマガジンを発売しています。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング