国内初Twitterの全量データによるリアルタイム分析サービスの提供開始 

@Press / 2012年10月15日 17時30分

リアルタイム分析の画面イメージ
 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(略称:NTTコム オンライン)は、Twitter社との戦略的提携に基づき、「FireHose API(*1)」よりツイートの全量データを取得、Twitter上を流れる顧客の声をリアルタイムに把握・分析するサービスを開発しました。ソーシャルリスニングサービス新「Buzz Finder」として、本日より提供を開始します。
 また、本サービスはNTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)を通じ、「Bizマーケティング Buzz Finder」としても提供します。
 NTT Comグループでは、ビッグデータを活用し、よりレベルの高い顧客コミュニケーション(CRM)の実現に向けたサポートを強化していきます。


1.背景
 ソーシャルメディアは今やインターネット上でもっとも利用されるサービスとなり、その上を流れる顧客の声は利用者の増加とともに膨大な量のビッグデータとなっています。
 NTT Comでは、顧客の声や今の関心を捉え分析するソーシャルリスニングサービスとして「Bizマーケティング Buzz Finder」を開発し、これまで多くの企業に活用いただいています。
 ソーシャルメディア上を流れる顧客の関心や要望、また競合他社を含む市場の状況を把握・分析することはビジネスチャンスにつながると同時に、その情報伝播力から、対応次第によっては企業やその商品・サービスのイメージを大きく左右することにもなります。
 特にTwitter上でのツイート数は1日あたり数億にも上り、企業にとって無視できない規模になっています。またTwitterの持つ強力な情報のリアルタイム性と拡散力から、お客さまからはその積極的な活用について大きな期待と要望をいただいてきました。
 このような市場状況と顧客ニーズを受け、NTTコム オンラインはTwitter社との間でツイート全量データの取得が可能な、「FireHose API」の使用契約を締結し、これをリアルタイムに把握・分析する日本初のサービスを開発しました。本サービスおよびその関連サービスを通じNTTコム オンラインとTwitter社は日本市場における企業のソーシャルCRM活用を積極的に推進していきます。


2.機能強化概要
(1)「FireHose API」を利用したツイートの全量取得
 Twitter社が提供する「FireHose API」を通じて、日本語で書き込まれた全てのツイートをリアルタイムに取得することが可能になりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング