CLOMO SECURED APPsシリーズ、新たに2製品を提供開始~企業のスマートデバイス利用時におけるセキュリティ課題を統合的に解決~

@Press / 2012年10月16日 15時30分

使用イメージ
株式会社アイキューブドシステムズ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:佐々木 勉)は、2012年10月30日より、スマートデバイス用企業向けアプリのシリーズ製品に新製品2種「CLOMO SecuredContacts」と「CLOMO SecuredCalendar」を提供開始することを発表します。

CLOMO SECURED APPsシリーズは、同シリーズを通して、各種アプリが提供する各々の機能に加えて、「利用状況の把握」「端末設定の遠隔配布」「アプリ間ファイルコピーの制限」「盗難紛失時対策(アプリ起動ロック・データ消去)」など、企業のシステム管理者が必要とするセキュリティ対策が施されています。これら機能は、よりセキュアなモバイルワーキングを実現し、新たなビジネスの創出や企業価値を高めることにつながり、また、システム管理者に対しては円滑な運用を実現します。

この度の2製品の追加により、CLOMO SECURED APPsシリーズは、現行の「WEBブラウザ」「メーラー」「ドキュメント共有・配信」アプリに加え、「カレンダー」「アドレス帳」が加わります。
それにより、iOSの使いやすいインターフェースと企業が求める高いセキュリティ要求に応える機会が融合され、企業がスマートデバイスを活用する際の企業標準となるアプリ群がこれで揃います。


(課題の例)
◎情報漏洩の防止
顧客の電話番号や、メールアドレスなどを含むアドレス帳データを収集するソーシャルネットワークサービス用アプリ(NHN Japan社のLINEなど)への、不作為の情報漏洩を防ぎます
派遣社員や外部社員に期間限定で社内連絡先を共有し、契約完了時に情報を強制削除できます
退社する社員による顧客情報の持ち出しなどの事故を防ぎます

◎情報インフラの整備による業務効率化
顧客や社員などの最新連絡先を、管理者側で一元的に管理・更新できます
事業所ごとに異なる祝日・社内イベントなどを、管理者側で一元的に管理・更新できます


<「CLOMO SecuredContacts」の主な新機能>
○共有連絡先情報の管理と配布
デバイス所有者に共有したい共有連絡先情報を作成し、「CLOMO SecuredContacts」アプリがインストールされているデバイスに配布することができます。
○連絡帳アカウントの遠隔配布
管理者が連絡帳アカウントを管理パネル上でユーザごとに設定し、設定したアカウント情報をデバイス所有者に知らせず、遠隔で配布することができます。
○キャッシュの保持制限
「CLOMO SecuredContacts」アプリ内に、連絡先情報を保持しないよう設定できます。
○アプリ連携制限
連絡先情報を、他のサードパーティ製アプリに連携させないよう設定できます。

@Press

トピックスRSS

ランキング