音声であなたのサイトをスマートに検索 ― 「SCOPE音声検索アプリ」新登場 ―

@Press / 2012年10月16日 13時0分

 検索やAR(拡張現実)といったテクノロジーからリッチな情報体験を提供するナレッジワークス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:所司 里佳、以下 ナレッジワークス)は、スマートフォンのマイクから話しかけて、自社サイト(ECサイト、情報ポータル、コーポレートグループサイトetc.)から検索結果やレコメンデーションを引き出す、スマートフォン向け音声検索アプリ「SCOPE音声検索アプリ」の提供を10月18日に開始致しました。


【背景と狙い】
 ナレッジワークスは、これまで、検索サービス「SCOPE(スコープ)」で数多くの大手企業様のサイト内検索をご支援して参りました。フリーワード検索やイメージ検索、スペック検索などで培った知見を活かし、検索カンパニーならではの技術力とノウハウで、今後は音声/マイクロフォンを入力デバイスとする音声検索の可能性を広げていきます。
 本日発表の「SCOPE音声検索アプリ」は、音声認識技術で定評のある株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木 清幸)の「AmiVoice(R) Cloud」を使用して、ナレッジワークスの検索サービス「SCOPE」上で音声検索を可能とするサービスです。


【サービスの概要】
<「SCOPE音声検索アプリ」>
 「SCOPE音声検索アプリ」から話しかけたフレーズの内容は、システムが自動認識するため、フリーワード検索では操作が煩わしかった高度な検索指定(例えばAND/OR検索やAND/NOT検索など)を、ごく自然に使用してきめ細かな検索結果を得ることができます。
 例えば、“青森または秋田の割安ツアー”などを、キーボードから検索しようとすると細かな指定が必要だったりしますが、「SCOPE音声検索アプリ」なら、ただ話しかけるだけで音声検索に最適化した結果を表示します。これは、「AmiVoice(R) Cloud」の優れた音声認識機能と、「SCOPE」検索上での条件シナリオ、ゆらぎ吸収、同義語やサジェスト辞書といった優れたナビゲーション機能を連携させることで実現します。

・固有辞書で認識機能アップ
 例えば、航空会社で音声認識を使用する場合、“うんこう”は「運行」ではなく「運航」として認識する必要があります。「SCOPE音声検索」では、お客様/サイト独自の辞書を適用して、“運航状況を調べて”というようにサイトにとって適切な音声認識を行い、応答結果の精度を上げることが可能です。
 「SCOPE音声検索アプリ」は、スマートフォンアプリとして新規開発する他に、既存のアプリへ組み込むことも可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング