LifeSizeがフロスト&サリバン社の「2012エンタープライズ ビデオ市場 アジア太平洋プライス パフォーマンス バリュー リーダーシップ賞」を受賞

@Press / 2012年10月18日 9時30分

シンガポール発 - ロジテック (Nasdaq:LOGI) (SIX:LOGN) の一部門であり、HDビデオ・コラボレーション分野で世界をリードするLifeSizeは、大手市場調査会社フロスト&サリバン社の「2012エンタープライズ ビデオ市場 アジア太平洋プライス パフォーマンス バリュー リーダーシップ賞」を受賞しました。

この賞は、品質のみならず、価格面においても非常に高い競争力をもったソリューションやサービスを顧客に提供し、優れた実績を上げた企業に贈られる賞です。また、LifeSizeは、2011年を通して教育や医療、製造、運輸などのバーティカル市場でも成功を収めています。

フロスト&サリバン社の賞は、さまざまな地域市場およびグローバル市場において、リーダーシップ、技術的イノベーション、カスタマーサービス、戦略的商品開発などの面で特に優秀な成果と優れたパフォーマンスを発揮している企業を評価する賞です。

近年、ビデオ・コラボレーションへの需要は高まり続けています。多くの企業が経費削減の努力をしているなかで、費用対効果の高いHDビデオソリューションこそが、意思決定者にとって重要な選択基準の1つになっています。とりわけアジア太平洋地域は、グローバルベンダーとローカルベンダーとが入り混じった、最も激しい競争が繰り広げられている市場です。

「LifeSize Roomシリーズは、最大8地点による多地点ビデオ会議コラボレーションによってこれまでにない価格と高いパフォーマンスを実現し、民間企業の間で成功を収めてきました。さらに、LifeSize UVC Video Centerをリリースすることにより、ターゲットとする顧客層のなかで更なる拡大に力を注いでいます。LifeSizeにとって2011年は、世界中でサービスの総合的な効率を高めた1年でした。それは、最終的に顧客価値の充実を目指した結果です」と、フロスト&サリバン社アジア太平洋ICTプラクティスのシニア産業アナリストであるJessie Yu氏は語ります。

LifeSizeのHDビデオ会議システムを使えば、離れた場所の相手とでも、まるで同じ部屋にいるかのようなフェースツーフェースのコミュニケーションができます。ホームオフィスから会議室へ、デスクトップPCから携帯端末へ、LifeSizeのソリューションは世界中の企業で導入されています。その結果、出張コストの削減や生産性の向上がもたらされ、どこでも、いつでも、どのようなデバイスでもより良いコミュニケーションとコラボレーションが実現されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング