料理写真共有スマートフォンアプリ『SnapDish 料理カメラ』、一次産品の産地と消費者とのマッチング支援を開始

@Press / 2012年10月19日 10時0分

SnapDish内の産地タイアップキャンペーン
料理写真共有スマートフォンアプリ『SnapDish(スナップディッシュ) 料理カメラ』(以下、「SnapDish」)を企画・開発・運営するヴァズ株式会社(本社:東京都練馬区、代表取締役:舟田 善)は、2012年10月19日より、同サービスにおいて、一次産品の産地と消費者とのマッチングを支援するサービスを提供開始いたします。またその第一弾として、かぼちゃの生産日本一(作付面積ベース)である北海道和寒(わっさむ)町(以下、「わっさむ町」)の支援を開始いたします。


SnapDishは、料理写真をおいしそうに加工でき、料理や食べることが好きな人たちと共有・コミュニケーションできる写真共有アプリです。2011年5月のサービス開始より、家庭で手料理を作るユーザーを中心に利用者を広げ、現在までに約130万枚の料理写真が投稿されるなど、国内では最大級の料理写真共有サービスとなっています。

今回、例えば「食材をおいしく食べる工夫」などの産地ならではの情報をSnapDishのユーザーに届けることを目的として、産地の支援を開始いたしました。


▼取り組みの背景
「地域の名産品」と言われるような食材は、その地域外においては名産として楽しまれますが、一方でその地域内では余剰や規格外など、何らかの理由で出荷できない生産物を大量に消費していく必要が生じます。そのため産地では、食材を飽きずにおいしく食べる/活用するため、数々の工夫がなされ、多くの知識が蓄積されることになります。

しかし、これらの知識を産品の販促に活用するためには、各地域が独自にブランド化やコンテンツ化を行って情報発信し、消費者に直接届けなければならないなど、難しい課題がありました。


▼今回の取り組みについて
SnapDishは、家庭で手料理を作るユーザーに多く利用されており、アプリの中では「フォロー」などの仕組みを通じて活発に交流が行われています。そのため、産地はSnapDishにアカウントを作成して写真やレシピを発信することで、産品の消費者となりうるユーザーに直接情報を伝達し、認知を拡大していくことが可能になります。

SnapDishでは、こうした支援先の産地のアカウントに対し、消費者との交流機会を増大できるよう以下の内容で支援を行っていきます。

1. 専用枠での表示
アプリ内で、一般のユーザーと異なる表示枠を設け、表示します。(2012年11月より提供予定)

@Press

トピックスRSS

ランキング