ゆっくり寝ればキレイになる?ねむりとキレイの関係を徹底調査!

@Press / 2012年10月22日 12時0分

調査結果
眠りの秘密をひも解くプロジェクト‘ねむりラボ’(オムロンヘルスケア株式会社提供)とNPO法人日本ホリスティックビューティ協会は、オムロン ねむり時間計 HSL-001( http://nemuri-lab.jp/hsl001/ )と協会独自のホリスティックビューティカウンセリングを用いて「ねむりとキレイ」の関係に関するモニター調査を行いました。


1ヶ月間にわたり、眠りに不安を持つモニターの「肌状態」、朝昼晩の「食事内容」、「睡眠」、「ストレス状態」、「セルフケア」、「基礎体温」を毎日記録。ホリスティックビューティカウンセラーが内容を分析し、個々人に合わせたセルフケアのアドバイスを行いました。
その結果、眠りが肌や体調に与える影響と、セルフケアが眠りや不調の改善に役立つことが見えてきました。
内容を下記URLに公開しております。

ねむりとキレイの秘密を探る公開カウンセリング
http://nemuri-lab.jp/story/hba/
ねむりラボ
http://nemuri-lab.jp
NPO法人日本ホリスティックビューティ協会
http://www.h-beauty.info


●眠りと肌・・・睡眠不足は肌荒れの原因
・充分な睡眠をとると、吹き出物が落ちつく
・12~1時頃に寝ないと翌朝肌のキメが乱れる
・睡眠不足が続くと肌がざらつく
・熟睡できないと肌はくすみ、むくんでしまうが、熟睡してすっきり目覚めた日は顔色もよくフェイスラインもすっきり

睡眠の質が落ちた時は、肌のキメが乱れて吹き出物ができたり、顔色がくすんだり肌の調子も下がってしまいます。
20代以上の女性100名に行った「体内時計を整えて眠りの質を高めることで肌がどう変わるか」という調査でも、毎日の就寝時刻と起床時刻にバラつきがなくなるように意識して生活するだけで、ほとんどのモニターが乾燥、肌あれ、クマ、むくみの改善を実感しています。

調査結果の一部    : http://www.atpress.ne.jp/releases/30847/1_1.jpg
調査結果の続きはこちら: http://nemuri-lab.jp/enquete/tainai/2819/



●眠りとダイエット・・・眠らないと太る
・睡眠時間が少ない日は食事が4食になる、食べる量が増えるなど過食気味に
・体内時計と睡眠の質を高める心がけをしたところ、食べ過ぎても体重に変動なし
・ストレスを感じて睡眠時間が短くなると揚げ物やお肉などを食べたくなる傾向に

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング