LANDeskが統合システムおよびセキュリティ管理スイートのリリースで管理機能を強化

@Press / 2012年10月24日 9時30分

 オーランド(Gartner ITxpo) ― 2012年10月23日 ― 本日、統合システムおよび資産管理、エンドポイントセキュリティ、エンドツーエンドモビリティ、仮想化管理、およびユーザー中心型のITサービス管理においてグローバル市場をリードするLANDesk Softwareは、Management SuiteおよびSecurity Suite製品のバージョン9.5を発表したことをお知らせいたします。
 いずれのスイートでも、クロスプラットフォーム対応、革新的なソフトウェアライセンス管理、および仮想化環境の管理など重要なアップグレードが行われています。この変更により、LANDeskの大規模なエコシステムを構成するお客様やパートナー企業が、エンドポイントの統制をより強化することで、安全を確保しながらユーザーの生産性を最大化することを可能にします。


 自己所有の機器を業務に持ち込む(BYOD)現象は、「ビジネス向けのクライアントコンピューティングエコノミクスにおいてPCが業務に浸透して以来の最大の転換である」と、Gartnerが指摘するように、IT管理者はデバイスの管理方法を変えていかなければなりません。LANDeskは、9.5製品ファミリーのクロスプラットフォーム対応により、この転換を可能にします。この機能により、IT管理者は、タブレットからiPhone、Windows 8 ノートPCまで、ユーザーが業務に持ち込むデバイスをすべて管理することができます。このように複数のユーザーが複数のプラットフォームにまたがる環境においても、時間や場所に関係なく管理できるようになりました。

 対応プラットフォームの拡張の他にも、9.5製品ファミリーにはソフトウェアライセンス管理機能の強化といったアップグレードが導入されています。これらの機能により、ソフトウェアの自動検出、ソフトウェアのライセンス使用可能な単位でのグループ化、使用ライセンスの照合、およびソフトウェア使用状況の追跡が可能です。IT管理者は、Management Suite 9.5を使用することで、仮想デスクトップインターフェイス(VDI)環境でソフトウェア使用状況の監視ができます。このような機能強化は、IT管理者にコンプライアンスを維持し、監査に備えるために必要なツールを提供しコスト削減を可能にします。


 LANDesk Softwareの製品管理部長Steve Workman氏は、次のように述べています。「Management SuiteとSecurity Suite 9.5は、お客様からのご意見として挙げられていた課題を解決するために開発されました。既にLANDeskをご使用のお客様や今後LANDeskの導入を検討されているお客様は、安全かつ費用対効果の高い方法でユーザーの生産性を最大化するために欠かせないツールとして、これらの製品をご活用いただけます。BYODが職場に拡大し、セキュリティ脅威が日々急増し続けるにつれ、このことは一層重要性を帯びてきます。」

@Press

トピックスRSS

ランキング